Nhk 深夜 便。 ラジオ深夜便のコーナー一覧

1996年以後はラジオ第1は土曜・日曜を含むこの期間のおよそ10日間程度。 (6月)「太平洋戦争の日々(3)〜たちの姿」• 原則2か月ごとに1曲ずつ午前1時台に放送しています。 当時はPCMデジタル回線を使用していたが、現在はAMラジオとFMは共用で光回線を運用しているためこのテストは行なわれていない [ ]。

20

第4週 「美味探求」()• ちなみに1998年度は大阪発が1・3・5週目、それ以外が2・4週目の担当だった。

19

2018年現在、アンカーの中では唯一2006年夏からアンカーを務めてから1度も担当曜日が変わっていない。 (1997年4月 - 2010年3月、第2金曜日、関西発)• 著書 [ ]• 2年ほどのブランクののち、現在 [ ]に至るまでと「ラジオ深夜便」のインタビュアーを担当)• (2005年まで。 9月 小堺一機• (1995年4月 - 1996年3月、月末を除いた金曜日、初代関西発深夜便アンカーマン)• (2月)「昭和から平成へ」• 第3週「上方落語を楽しむ」• 23時台と0時台の「子育てリアルトーク」のコーナー 今月のテーマは「 親の憂鬱 」。

4・5月• 匿名を希望する方は、ラジオネームでも結構です。 「私たちは空きビンに水を入れて音階を作り、それを楽器として吹いて演奏しています。 『地方発』の放送に併せて公開録音イベント「ラジオ深夜便の集い」を開催している。

4

この番組との関連性はないが、日本放送労働組合は1995年11月下旬に、終夜放送の増加に伴う労働強化に反対して、24時間を決行した事例がある。

3

母体となった企画は1992年に開催された主催のイベント「心豊かな長寿社会を考える国民の集い」で行われた宇田川清江、松川洋右によるトークショー「深夜便を語る」だったが、そのやり取りが好評で、1993年に同じキャストで主催・NHKテレビ放送開始40周年記念「横浜女性フォーラム」で講演を行い、これを定番化しようということで、1994年11月にで第1回「深夜便の集い」の公開収録が行われた。 (8月)「高度経済成長の始まり」• (4:05)月1回日曜深夜(最終月曜未明)に開始。

7

ごとう・しげよし (日本語センター 2014年4月 - ・Fリクでは・を担当)• 開始当初は原則第3土曜深夜の1時台(後藤アンカーのコーナーとして放送)だったが、度から同じ曜日の4時台に移動。 その当時の話をが開催した講演会「 - 」で、披露している。 深夜便のうた 「シニア世代が気軽に口ずさめる歌を〈深夜便〉から発信したい」。

10

もう1回は別番組に差し替えていた。

8

今回新しく作った「梟(フクロウ)の時計」という曲は、真夜中の時計をイメージしています。

9