福岡 15 歳 殺人。 福岡県福岡市15歳少年女性殺害事件: ASKAの事件簿

問題は行き場の無い少年が、そこから逃亡してどうするつもりだったのか?そこがわかりませんね。 公判ではそのあたりの背景も明らかになることに期待したいですね。 3人は生活苦を背景に日本語学校職員室 ・友人の留学生・アルバイト先から現金を盗むことを繰り返しており「アルバイト先の新聞販売店経営者への強盗」「中国人女子留学生を使った売春」など犯罪計画を次々に立案するうちに「犯行発覚を防ぐため被害者を殺害しよう」と考えるようになった。

最高裁第一小法廷(白木勇裁判長)は2011年10月20日に開かれた上告審判決公判で一・二審の死刑判決を支持して被告人魏巍の上告を棄却する判決を言い渡し 、2011年11月10日付で死刑が確定した。 弁護人:大熊裕起・坂根真也 『最高裁判所刑事判例集』(刑集)第65巻7号999頁 『』1384号136頁(判例タイムズ社) 『』第2171号128頁(判例時報社) 『TKCローライブラリー』(LEX/DBインターネット) 文献番号:25443874 【事案の概要】中華人民共和国から日本に留学してきた被告人が、共犯者と共謀の上、被害者方に押し入り、同人方の一家全員を殺害して金品を強取するとともに、その死体を海中に投棄して犯跡を隠ぺいすることを企て、一家4人を殺害してこれをじっくした住居侵入、強盗殺人、死体遺棄等の事案の上告審において、本件供述調書等は、国際捜査共助に基づいて作成されたものであり、犯罪事実の証明に欠くことができないものといえるところ、取調べに際しては、黙秘権が実質的に告知され、また、取調べの間、肉体的、精神的強制が加えられた形跡はないなどの具体的事実関係を前提とすれば、本件供述調書を刑事訴訟法321条1項3号により採用した第1審の措置を是認した原判断に誤りはないとし、上告を棄却した事例。

の2007年10月17日時点におけるアーカイブ。

4

「暴力行為」などを理由に施設を転々としていた少年。 ・少年は同署の調べに、つじつまの合わない受け答えをしているという。 家庭裁判所は禁錮以上の罪につき「刑事処分が相当」と判断した少年を検察官に送致(逆送)することができる。

7

しかしCが息苦しい様子で必死に顔を左右に動かしていたため、王亮はCの身体を抑えつけながら右手を伸ばして枕の下に入れ、右手でCの前頸部を掴んで絞めつけることで被害者男児Cを絞殺した(強盗殺人罪)。 結果的には日本国内の反響の大きさに配慮した中国当局が積極的に協力したため、早期逮捕が実現した。

「」『』、2007年3月8日。

15