ヤンデレ ss モバマス。 P「まゆはポンコツヤンデレ」 : モバマス SS

……ただしこの場合、重さ的には[ わくわくさん<とーこさん<<<<<みゆさん ]の順となっており、それもあってかLIVEバトル勝利時の瞳子さんの台詞 「 美優さん、あなた自分の想いがどれだけ重いかわかってないの 」 につながっていくのであった。

4

」タッタッタ まゆ「あっ!」ツクエノカドドーン スッテンコロリン ホウチョウテンクウヘ まゆ「むぎゅ!?」スッテーン ホウチョウ、マユノメノマエニオチル まゆ「ヒャアアア!?」 P「ま、まゆぅぅぅううう!?」 P「幸子、お疲れ様」 幸子「ふふん!どうでしたか、僕のレッスンは?可愛すぎて目が離せなかったに違いありませんね!」 P「あーそっすねー」 幸子「なんですかその棒読みはー!」 P「冗談だ、可愛らしい幸子のダンスに魅了されっぱなしだったよ」 幸子「さ、最初からそういえばいいんですよ!当然です、この僕のダンスなんですから!」 まゆ「(私はそこまで褒められたことないのに. みんなも好きなアイドルをプロデュースして、トップアイドルに育てy プロデューサーさんが好きなのはわたしですよね…? 概要 『』に登場するタイプのアイドルの内、要素を持つとされた4人、を筆頭に・・で構成されるの集合。

6

そもそもヤンデレの演技でなくの演技であるので注意されたい。 泊めてください、Pさん」 ギュー P「き、響子」 響子「…お願いします」 ウルウル P(ダメだ。 」 みく「まゆちゃんって他の子達にも優しいにゃ」 まゆ「そうですか?」 みく「そうにゃ、実際幸子ちゃんの自慢話は付き合ってあげるし、智絵里ちゃんにはダンスの練習のアドバイス、みくにはハンバーグおすすめ店教えてくれたり. また『』でのイベントコミュ「あいくるしい」で演じたドラマ上の役割は「 愛を知らない少女」であり、当人も愛に関してはやや無頓着な面が見られた。

8

やはりCuって… ちなみにスペシャルコミュプロローグでは、が響子にに見せかけたオファーを仕掛けた。 食べましょう」 P「わかった」 響子「じゃあ、いただきます」 P「いただきます」 響子「Pさん、あーん」 P「…あー」 パクッ 響子「どうですか?」 P「美味いよ」 響子「よかったです。 ?」 みく「(なんだかんだで上手くいったにゃ)」 みく「(抱きつくについては適当にいったんだけど、解決したからいいかにゃー)」 みく「(なんにしても刺される心配もなく、事故死の危険もなくなったし、万々歳. しかし書きます。

まゆに見られてないと良いが… TVアニメ『』 TVアニメ『シンデレラガールズ劇場』第2期1発目のテーマソング「」を歌うユニットで響子と智絵里が初共演。 また彼女の願いは「アイドルとして成功する事」にあり、「アイドルとなって皆を笑顔にしたい」といった表現者としての欲求以上に、アイドルであることを手段ではなく目的にしてしまっている。

6

」プィ P「聞こうとするとこうするので諦めた」 みく「(直接聞かずに他の人に聞くとかすればいいのに. 幻想公演『黒薔薇姫のヴォヤージュ』では、【 R[ヴォヤージュ・ヒーラー]】が追加された。 輿水幸子• LIVE Parade第5回 『デレステ』にて開催された上記イベントにて、イベント楽曲「」を歌う特別ユニット、で響子とゆかりが2度目の共演。 結びに 『』は個性豊かなアイドルを集めて、トップアイドルに育てるである。

1

二人で遊園地行って、食事しただけですよ」 ちひろ「デートじゃないですか……」ジトー P「だからそんな目で見ないでくださいって……とりあえず犯人の要求は果たしました。 楓「あ、Pさん。

11