減給 10 分 の 1。 「減給の制裁(懲戒処分)」の上限額と計算方法を解説【労働基準法】

欠勤が1ヶ月(一賃金支払期)に5回あれば2万5千円の減給制裁ができることになります。 例えば、アリさんマークの引越社では、営業社員がシュレッダー係へと配置転換され、その不当性が争われた訴訟が行われました。

5

1.減給の制裁 労働基準法(91条)は、減給の制裁として「1回の額が平均賃金の1日分の半額を超えてはならない」旨定め、ついで「減給額の総額が1賃金支払期における賃金総額の10分の1を超えてはならない」と、減給処分に対して2重の制限をかけています。

この法律では、制裁のため、給料を減額する上限を設けたものです。 降格とともに減給をされてしまったとき、争うことはできないのでしょうか。 。

4

1 法律の制限 1. 「3ヶ月、10%の減給」とする。 発展 少し細かい話になりますが、 「平均賃金を算定すべき事由の発生した日」とは、「減給の制裁の意思表示が、従業員に到達した日」をいいます(昭和30年7月19日 基収5875号)。

従って、10分の1を超える減給制裁の場合は,超える部分の減給は,次期の賃金支払期に行わなくてはならないということになります。 平均賃金を算定すべき事由の発生した日以前3ヶ月間に,その労働者に対し支払われた賃金の総額を,その期間の総日数で除した金額• 公務員は公務員法という法律があり、労働基準法は適用されないのです。 3 賞与の減給 も可能 賞与は,本人の勤務態度や業績を査定した上で金額が決定される制度であり,査定には企業の裁量が広く認められる。

つまり、感情では許せないのです。

私も勤め人のころは、よくくらったもんだ(嘘・・・品行方正、社長賞ばっかりです 笑) 懲戒で減給3月は可能なのか 猪木風ですと、やれんのか!このですが。

6