上 意 下達。 今日の言葉 1637 上意下達(じょういかたつ)

私が勤務してきた会社では、トップの力が非常に強力で、有無を言わせぬ方もおりましたが、どちらかと言うと下の意見も、よく聞く方が多かった気がします。

1

何の言葉にもそうですが、メリットとデメリットは、どうしてもついて回ります。 山本博文「上意下達」(『歴史学事典 15 コミュニケーション』(弘文堂、2008年 ) 関連項目 [ ]• 下意上達のメリットにはどういうところが考えられる? 私はそう思います。 なので、集落の行事も一切なしです。

7

現代では、経営者など組織のトップの命令が通達されるということです。 下達は,下の者に通すこと。 もっとも、それらは 公式の場においてのことであり、私的な場において将軍が発言することとは別とされている。

15

などしてくださる()。 意は心+音の会意文字。 組織が大きければ大きいほど、現場の人間にはトップの顔が見えにくいため、現状何が起こっているのか様子を知る機会が極端に少なく、改善点や課題などを見過ごしてしまうことがあります。

3

気になる方は、ぜひ参考にして敬語表現や正しい使い方をマスターしてください。 ビジネスシーンで用いられる言葉の数々を正しく理解していないと意思の疎通がうまくできず、何かと不都合が生じてしまい仕事がやりづらくなることがあります。 ヘッダーの写真は、私の愛機フジの一眼で撮影した、松島円通院の3月の風景です。

8

… 事務狂『fate/stay night 月姫 (TYPE MOONクロスオーバーの最高峰、文庫5~6巻のボリューム)』 より引用• しかし、国政の重要事項に関しては、依然として老中が直接取次の職務を担っており、その可否についてを側用人・御側御用取次が、「自身による取次が適切か否か」という判断のもとに決められていた傾向にある(老中には、その己に対して取次の役割における是非を判断する権限がなかった)。

16