熱 力学 第 一 法則。 熱力学第1法則 ■わかりやすい高校物理の部屋■

エネルギーの正式な国際単位は、熱と仕事の関係を定量的に決定したジュールの功績に敬意を示して前述の「J、ジュール」である。 現在火力発電所の熱効率は得られた熱に対して50%ほどの電気を作り出せるくらいが一般的なようです。 水と水溶液の混合で力学的なエネルギーを取り出せる 水と水溶液の混合という放っておいても勝手に起きてしまうような現象でも、上手くやれば、力学的なエネルギーを取りせるということです。

19

フライパンをコンロで炙れば温度が上がり、熱したフライパンに卵を加えたら温度が上がって凝固しますね。 「 温度が上がる=内部エネルギーが高まる」ので、温度をあげたり下げたりすることで内部エネルギーを変化させることができそうです。 そして、「熱力学」と「解析力学」という学問の隔たりはなくなり、単なる数学的な手続きにおいて両者の学問を区別する意味はほとんど感じられなくなる・・・・・かな。

これは、保存の法則としても知られています。

14

19 cal カロリー に匹敵することを突き止めたのです。

4

前回の記事で、仕事とはエネルギーの移動だと説明しました。 熱とはどんなもので、どんな性質を持っているのか、それを知るのが「熱力学」です。

たとえば「外部になんら変化を残さずに、熱が低温部から高温部へ移動することはない」(クラウジウスの原理)や「外部になんら変化を残さずに、熱が全部仕事に変わることはない」(トムソンの原理)などである。 それでも曖昧さな表現ですよね? なぜ曖昧さが残るのでしょう? だいたい 温度とか圧力とか実態は何なのか説明していないからですよね。

16

この場合、加えた熱量 (Q)は全て温度の上昇「=内部エネルギーの上昇(気体の場合)」に変化します。

2

このように熱以外のエネルギーの移動を仕事と呼びます。 電気は使いやすく、また使用に当って排ガスを生じずクリーンであり、安全性も高い。

2