カナダ 国旗。 「カナダ」の国旗由来・意味

フランス人がカナダに進出するずっと以前から、先住民はカエデを栽培し樹液を収穫して、調味料として使ってきました。 new-entry-card-link::after, slide-in-sidebar. 食べるものも底をつき…人は飢えるわけです。

14

カルティエは1534年にシャルル湾に上陸し、この地を先住民族の呼び方に倣って「カナタ(村という意味)」と呼ぶことにしました。

その土地の文化や住んでいる人に思いをはせて日々国旗を眺めています。

赤は勇気と強さ、白は潔白と誠実さを表しています。 カエデがモチーフなので「メイプルリーフフラッグ」と愛称で呼ばれます。

15

pinterest-button, slide-in-sidebar. まだまだ歴史100年にも満たない新しい国旗なんです。

5

これが カナダの国旗ですが、ご覧のように真ん中に木の葉のような模様がありますね。 カナダでは、現在の国旗を制定した2月15日をNational Flag Day(国旗記念日)としています。 2 recent comment• イギリス連邦とはイギリスの国王(エリザベス女王)を連邦の長とした、国家連合のことです。