中国 武漢 市場。 武漢華南海鮮卸売市場

王延軼所長は先週末、国営の中国中央テレビ(CCTV)に対し、新型コロナは同研究所が研究対象とするいかなる病原体とも大きく異なり、そこから漏れ出た可能性は全くないと断言した。

10

武漢は中国の中部、湖北省の東部、長江と支流の漢江が合流するところにある都市です。 武漢の華南海鮮卸売市場には、野生動物の売り場があり、ヘビ、ビーバー、ヤマアラシ、ワニの子供などの生体と肉が販売されていた。

18

まもなく患者の一人の検体から肺炎は新型コロナウイルス()によるものであることが特定された。 発生した原因については日本でも報道されてますでしょうか。

名前があがった華南海鮮市場はすでに今月1日に閉鎖されているが、『South China Morning Post』によると閉鎖される前のこの市場で、一部の露天商が食肉用として野生動物を生きたまま売っていたそうだ。 感染源は市場とかつては公言していた人物 実は、世界に武漢の市場が感染源であると印象づけたのも、他ならぬ高氏自身である。

3

だが、こうした新情報により、新型ウイルスが市場で発生したという説が揺らぎ、陰謀説の真偽が問い直されようとしている。 加工した肉はもちろん、生きた動物もそのまま販売していた。

18

そのうちの大半が、地元住民向けに一般的な食料品を手頃な価格で販売している。

10

中国国家健康委員会の専門家グループのリーダーはCCTVとのインタビューで「新しいコロナウイルスの由来は基本的に不明である、でも疫学的調査から、野生動物からのものである可能性が高い」と話しました。 「ストレスの多い、悪条件の下に置いていると、動物たちがウイルスによって病気になる可能性を高めかねない」とオリバル氏は言う。 発生源を巡る米当局者などの主張にこれまで以上に具体的な反論を示した格好だ。

15

ニワトリ、魚、カニやエビなどが生きたまま売られたり、食べやすいように処理して販売されたりしている。 どちらもコロナウイルスが原因で、生鮮市場から始まっている。 . 武漢華南海鮮卸売市場空撮。

18