知覚 動詞。 英語の豆知識【基礎文法】知覚動詞の使い方基礎パターンは3つだけ!

パターンは大きく分けて3パターンあります。 知覚動詞にはfeel、hear、seeなどがある• 知覚動詞的に用いられるknowにおいてto不定詞が省略されるのは、主にイギリス英語に見られるものと言われる。

8

」 気づく「notice」「observe」 notice、observeはあらゆる感覚器を利用して「気づく」を表現する知覚動詞です。 そのような動詞にはたとえば see, watch, hear, feel などがあります。 彼は金持ちの男性のようだね。

17

では、受動態になった場合はどうなるのでしょうか。 彼は バッグを 盗 ま れた。

11

知覚動詞はto不定詞ではなく原形不定詞をとるのですが、同様に使役動詞も原形不定詞をとりますのでこの機会に一緒に理解しましょう。 」の形です。

2

「Oが…されるのを~する」 特に難しいものではないと思いますので、上記のパターンを覚えておきましょう。

2

Pit caught a monkey trying to steal an apple. これは後ろに過去分詞(p. 現在分詞、過去分詞はいつも通り使えます。 」 この文でIは主語、heardは動詞、 himは目的語、singing a songは 目的語himを説明している補語です。 頻出の知覚動詞の一覧もありますのでしっかりチェックしてくださいね。

8