アズノール軟膏 口腔内。 アズノール軟膏の効能と使用できる部位 軟膏

医師の指示に従って使用してください。 唇 唇や唇の周りも、傷口が腫れたり化膿している部分があれば塗って問題ありません。

19

リップ買おうと思ったら、家にアズノール軟膏がいっぱいあった。

10

最近は患者さんだけでなく、ヘルパーさんや看護師さんなど医療従事者の方も薬の勉強のために閲覧をいただいております。 口の中(口内炎など)に塗っても流れ落ちてしまうので意味がない• カンジダというカビが原因となっている口角炎の場合はカビを抑える為の塗るお薬が処方されます。 ・抗炎症作用(炎症をおさえる) ・創傷治癒促進作用(傷が治るのを助ける) ・ヒスタミン遊離抑制作用(アレルギー反応をおさえる) ・抗アレルギー作用(アレルギー反応をおさえる) 効果としては穏やかで比較的軽傷の皮膚の炎症や、広範囲や長期に渡って塗布することが予想される場合などに使用されることが多いです。

6

そのため、主に軽症例を中心に現在でも広く用いられています。

また、アズノール軟膏、原料であるグアイアズレンの他に「ラノリン」と「ワセリン」という物質が一緒に入っており、これらも創傷保護に一役買ってくれます。 アズノール軟膏は端的に言えばこのような特徴を持った軟膏なのです。 そのため、副作用はほとんどなく、ほぼ全身に使用できますし、赤ちゃんにも使用することが可能です(ただし眼球などは除く)。

しかし効果がしっかりとある反面、副作用にも注意が必要なお薬になります。

14

。 ニキビ治療に対しては、上記で紹介した別の処方薬が出ることが一般的です。 ただ、カンジダなどの細菌が原因ではない感染症の場合は、ゲンタシン軟膏が逆効果になるケースもあります。

10

・ディフェリンゲル [成分:アダパレン] ・ベピオゲル [成分:過酸化ベンゾイルゲル] ・ダラシンTゲル [成分:クリンダマイシン リン酸エステル] ・アクアチムクリーム [成分:ナジフロキサシン] ・イオウカンフルローション [成分:イオウカンフルローション] ・デュアック配合ゲル [成分:クリンダマイシン・過酸化ベンゾイル] ・ゼビアックスローション[成分:オゼノキサシン]など。 濃すぎても薄すぎても効果が得られません。