60 センチ 水槽。 【写真でわかる】60センチ水槽で作るレイアウトテクニック

ろ過装置やヒーターなどの周辺機材には電気を使うため、 コンセントが近くにあると更に管理がしやすくなります。 次に価格面のデメリットですが、やはり小型水槽と比べると60cm水槽の方がサイズが大きくなるため、 水槽本体や周辺機器の値段は高めになる傾向にあります。

オリジナル性の高い水槽や水槽台が欲しい場合は、見積や相談は無料で行っている所が多いので、一度相談してみてはいかがでしょうか。 151. 今回、紹介する水槽はそんな数ある60センチ水槽でもおすすめ水槽なのでぜひ参考にしてみてください。

4

そのため私の場合はエーハイム純正のアクセサリーを導入することで、水流をうまく制御して使用しました。 その結果ケンカが起こったり、魚同士の衝突事故が起こりやすくなるのです。

19

うまく水流の方向を調整できることは、止水域の減少を期待できるのでオススメです。 しかし今回は、60センチ水槽をより迫力ある水景にするため水槽高さを4センチアップした 高さ40センチの水槽を使用することにしました。

20

ただ、フィルターの種類に関してはもちろん飼育する種類だったり、匹数に合わせて変えてあげる必要があります。

7

水槽内にバクテリアが定着しているか? 水槽立ち上げ初期など、 水槽内にバクテリアが定着していない状態で魚を増やすのは、水質の悪化を招くので危険です。 水を汚す魚か否か 金魚や肉食魚など、 水を汚しやすい魚を飼う場合には、1匹当たりの水量に余裕を持った方が良いです。

では、どんなことに注目して魚の数を決めていけばいいのでしょう。 光合成が行われると水槽内の二酸化炭素が減り、酸素が増えていきます。