プリミティブ ドラゴン。 仮面ライダーセイバー プリミティブドラゴン

ガンバライジングでは火炎剣烈火と神獣プリミティブドラゴンからの連続攻撃の後、敵に向かって突っ込み、飛び蹴りを叩き込む。

17

心優しい竜は人間をとても気に入り、見守り、時には助け、人間と友達になりました。 C BANDAI C 2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2017 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2016 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C 2014 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映 C BANDAI NAMCO Entertainment Inc. プリミティブとスペックを比較すると 両者の実力はほぼ互角であり、35章においてはエレメンタルすら苦戦を強いられたを 二撃で撃破している。

更に別の場所に保管していても飛羽真の元へ飛来し、そのまま彼の意識を乗っ取って強制変身させてしまう場合もある。

その後の詳しい動向はの項にて。 ソードクラウン自体が鋭い切れ味を持つ刃であるため、戦闘に用いることも可能。

15

雨の降りしきる森というのもプリミティブドラゴンの悲しみを表現して作り出された精神世界であり、そこで明かされたのは、 「かつてプリミティブドラゴンには沢山の仲間がおり、人間達と共にワンダーワールドの平和を守っていたが、次第にその力を恐れた人間達によって仲間達が狩り尽くされ、その後は悠久の時をいなくなった仲間を探しながら孤独に過ごしてきた」 ……という、に伝わる物語とは全く異なる物語であった。 悲しみに暮れた始まりの竜は仲間を求めて彷徨いました。

敵意を察知し反応して振り向いたその先にいるのはプリミティブドラゴンにとっては全てが「敵」に映るのだ。 世界中、何年も何百年も何千年も、寿命が尽きて、死んだ事にも気付かずに仲間を求めて彷徨い続けました。 希望を切り開く「勇気」を力とする神獣「ブレイブドラゴン」に加え、から放たれた全てのものを労わる「愛」を力とする「ルーンブライトドラゴン」、自分の意志を貫く「誇り」を力とする「ルーンディムドラゴン」の力が交わり大邪を封印する力となり、火・光・闇の三つの属性による封印術を発動。

7

第27章において、その正体は 神獣プリミティブドラゴンの心そのものだったことが判明。 タッセル自身、プリミティブドラゴンの真相を知っていた節があり、その上で子竜の救済を成し遂げた飛羽真に礼を述べている。

7

必殺技• 同じく を使用することで、初めて暴走を克服している ただし、エレメンタルドラゴンを介さずにプリミティブドラゴン単体で完全に克服出来たかまでは不明である。 。 立体物 DXトイにて、2021年3月13日に発売。

6

森羅万象斬 必殺読破マシマシ! 烈火抜刀!エレメンタル合冊斬り! 聖剣を一度納刀し、再度抜刀して発動。

2