定款 と は。 定款とは

3 常務理事は、理事会において別に定めるところにより、この法人の業務を分担執行する。 定款変更の定め() 定款の成立 [ ] 株式会社の場合にはが「公証人の認証を受けなければ、その効力を生じない」と定めており、公証人による定款の認証作業が必要となる。 また、定款が法的な効力を持つためには、発起人全員の署名・捺印と、公証人による認証が必要です。

16

(権限) 第31条 理事会は、次の職務を行う。 相対取引による自己株取得の際に、株主の請求権の規定(2項3項)を適用しない旨の規定(2項)• 他の法域の会社の基本規約 [ ] 以下の法域ではMemorandum of AssociationやArticles of Associationなど複数の態様の基本規約が存在し 、特にArticles of Associationは法域によって意味も日本語訳も異なる。

19

定款に記載する事項の種類 株式会社の定款における相対的記載事項の例を挙げると、以下のようになります。

ここでは定款変更の概要や、手順・必要書類などを解説します。 たとえば、行政に許認可申請を行う場合や金融機関と取引を行う場合などがその代表例です。

11

発行可能株式総数 ()。 もちろん、定款に全ての住所を記載することも可能です。

(権限) 第13条 社員総会は、次の事項について決議する。 定款は発起人により作成され、署名、捺印をして、公証人役場の認証を受けなければなりません。 単元株式数の変更() 持分会社の定款の変更 [ ] 定款に別段の定めがある場合を除き、総社員の同意を要する()。

1

株式会社の定款【任意的記載事項】とは 定款には、上記2つの記載事項以外に、公序良俗または会社の本質に反しない限り、いかなる事項でも定めることができます。

7

株式会社であれば発起人の全員で作成し、公証人の認証によって効力を発揮します。 定款で定めないと官報に掲載する方法をとることになる(同法939条4項)。