Ai メガネ。 子どもの近視を予防するAIメガネ Ai/Glassesアプリの大型アップデート|クリア電子株式会社のプレスリリース

必要に応じて。 5グラムで、サイズは100円ライターほどで持ち運びもしやすい。 気になるメガネを掛けて鏡の前に立つだけで、そのメガネが似合っているかを男性目線・女性目線それぞれから瞬時に判定できるので、自分のペースで、気軽に似合うメガネ選びをお楽しみいただけます。

18

モード」読み込みから24時間以内の決済で、10%OFFで購入可能。 スマートグラスには推定重量がリアルタイムで表示されるという。

なお返品と同様に、使用済みの商品、再販できない状態での交換はお受けできません。 またZero用のカメラケーブルを使って、カメラとラズパイをつなぎます。 店舗はメガネ選びと度数測定に特化し、決済はアプリから、そして商品の加工は自社倉庫で行いご指定の場所に発送します。

19

以下の黄色の部分が追加部分です。 見たいものを指さすか、本体に指で触れるとカメラが起動し、撮影した画像を音声で説明します。

17

。 )エキュート上野店』をオープン。 に、似合ってるかな……? 気に入ったメガネがあったら、そのまま Web上から購入ができます。

13

pyに、—detect faceやlabelと付けるとさまざまなものを読み取ってくれますので、試してみてください。

1

これと同形状で夜間撮影が可能なもあります。 0」(より) OrCam My eyeは15年に米国で先だって登場、17年にバージョンアップしたOrCam My eye 2. 外出時には、駅や町の案内板を読み上げてくれる。 【返品期限・条件】 交換・返品の際には商品到着後8日以内にご連絡ください。

19

画像はより 宮崎大学 工学部の川末紀功仁教授は、人工知能(AI)や拡張現実(AR)技術を活用することで、メガネをかけて豚を見るだけで体重がわかる装置を開発した。 ただし、不良品交換、誤品配送交換は当社負担とさせていただきます。 フォーナインズ、Lafontの新作が入荷しています。

17