改めてご連絡させていただきます。 「ご連絡いたします」はおかしい敬語?「ご連絡差し上げます」との違いや英語表現も解説

何回も重ねてお礼を言いたくなる出来事があった場合に使います。 とても丁寧な表現であるため、さまざまな言葉と併せて使いたくなるフレーズですが、マナーを守るために正しい使い方を身につける必要があるでしょう。

このため、「ご連絡いたします」は「ご連絡」の補助動詞として「するの謙譲語のいたす」が付くため、ひらがな表記となります。 I will double confirm and inform you later. また、時間を合わせることばかり注力して、場所が抜けてしまうミスが多いので注意が必要です。

19

より畏まった表現をする必要がある場合は、「もう一度」よりも「改めまして」の方を使いましょう。

12

もし使っていいか迷う場面があった場合には、「ご連絡いたします」もしくは、「ご連絡申し上げます」という表現を使う方が無難です。

メールでの使い方 メールで相手の連絡が欲しい、という場合は「連絡してください」と伝えることもありますが、「返信してください」と伝えることもあります。 」とあいまいに提案するのは、相手に親切ではありません。

2

相手に連絡をすることができなかった際の謝罪や、相手の対応に感謝するときには「ご連絡差し上げます」ではなく、「ご連絡差し上げる」に言い換えて使用しましょう。 あいさつや発表などの「相手の許可」が必要のない場合は正しい使い方とはいえないことを理解しておきましょう。 誤って使っている人も多い させていただくという表現を使うことが許される条件には、前述した「相手の許可を得ているか」に加えて、「相手から恩恵を受けられるか」も含まれます。

7

どちらの言い方でも使えますので、好きな方を選んで使いましょう。 ・I will email you the results after checking the documents. 「連絡させていただく」であれば問題ありません。 ・ご連絡いたします=連絡するね。

13

Remember to check your tense so the recipient knows when you going to get back to them. 連絡に「ご」を付けた「ご連絡」+するの謙譲語の「いたす」となっている為、二重敬語にはなりません。 会話の他ビジネスメール等でも使えるフレーズで、一番最初につける方法と、話の途中で使う方法があります。

18