子宮 内 膜 症 治療。 婦人科「子宮内膜症、特にチョコレート嚢胞の治療について」

子宮内膜症とは、子宮内膜という組織が、子宮の外で増えてしまう病気です。

11

月経不順やの女性、40-50歳代の女性に起こりやすい• また、子宮、卵巣の形や大きさなどについても評価します。 。 そういったケースでは、切除後に機能を復活させるため臓器の再建手術も必要となります。

7

特に、が存在する場合の選択となると、手術による治療効果(特に月経痛、月経過多の改善)に乏しいケースもまま見られることもあって、さらに判断が難しいものといえます。

ということは、レーザーやアルコールを用いた治療では、チョコレート嚢胞のごく表面だけを処理する方法なので、完全に病巣を処理することが不可能ということになります。

10

NFKBは多くの組織では不活化状態にあり、炎症によって活性化されます。

手術は不可能ではありませんが、技術的に難しい点や、出産時に子宮破裂のリスクが増える点、再発率が高い点からまだ標準的とは言えません。

16

大まかに原因として纏めると「女性ホルモンに起因し、月経と共に症状が進行するもの」ではないかと考えられます。

20