ジェンダー バイアス。 「ジェンダーの平等」ってどういうこと? 【SDGs】でも課題になっているジェンダーの問題について考えよう!

男女以外にも多様な性があることを一人ひとりが知り、社会全体で受け入れることが大切です。 下記の意見に対する賛否を問うものです。

1998年から99年にかけて判決の調査結果をまとめ、さらに各委員が弁護士として感じたジェンダー・バイアスなどについて意見交換をし、1999年12月にパンフレット「司法におけるジェンダー・バイアス」を作成しました。 これまでは性の違いは、男性と女性に分けるのが一般的でした。 ママの思う「言うことを聞かない」は、こんな遊び方からくるものかもしれません。

11

ある社会に属する人々の意識を知ることは、その社会の規範、すなわち社会における暗黙のルールや「空気」を考えるうえで重要です。

今回の取材を通じて気がつきました。 ただし今回ご紹介したのは、あくまで「ひとつの大きな傾向」です。

もし女の子(男の子)は育てやすそうでいいなぁと思ったら、なぜ育てやすそうに見えるのかを考えて、静かに熱中できる遊びやおもちゃを増やす・公園に連れていく頻度を増やすなど自身の育児に取り入れるべきポイントを性別問わず一度考えてみましょう。

8

日本は健康や教育の分野では男女格差がほとんど見られないものの、全体では153か国中121位となりました。 どう答えるだろうか。 そういう時は流せ、と自分に言い聞かせてきた。

10

国連が定める今年のIWDのテーマは、 【Choose to Challenge】だ。 彼は仕事に打ち込んでおらず、同僚にとって役に立たない存在という判断が下されたのです。

12