保土ヶ谷 バイパス 事故。 【画像有】保土ヶ谷バイパスで土方トラックが大型トラックに追突。キャビンが潰れて2名死亡。 | まとめとにゅうす

23歳の運転手だけ位置的に正面衝突を避けられただろうけど、あとの2人は直撃だよな、可哀想に。 中型トラックには男性3人が乗っていて、そのうち2人が死亡し、運転していた男性(23)は軽傷。

19

両方向とも、かなりの量の車が走っている! 時速は50㎞~80㎞の間で、その先も止まることはなく進んで、下川井を過ぎて東名高速自動車道路への分岐点が近づいてくると 東名高速道路に入る車線が、さらに混雑し始める ほかの車線は相変わらず車の量は多いが、80㎞未満の速度で流れている。 この日は、あいにく雨だったが 国道1号線の狩場町交差点を左折して 「保土ヶ谷バイパス」町田方面へ進んで行く この時点では前を走る車は見えないが、上の写真の高架下を潜った先の新桜ヶ丘インターチェンジ(IC)で、横浜新道からの車線への合流となる。

」という意見と 「保土ヶ谷バイパスだけの問題でなく 全国で行われてる悪習慣なのでちゃんと取り締まろう 背景には長距離で休憩場所が確保できないという問題もあるけど 一番は荷を受け渡しする営業所の押し付けだと思うよ 『指定通りの時間に来い、悪評立つから近くで待機するな』 各々の会社のスペース確保に路上が使われているってことを 社会全体で解決しなきゃいけないと思うよ 自社名が入ってるトラック優先 外注とかには待機命令する徹底ぶりだもん もう悪質だよ」という意見と 「トラック業界に対するバカな規定をするからこんな事故がおこる。

3

渋滞がひどい時は、何ヶ所かに渋滞の表示が出るが、この日は表示されていなかった。 この辺りも、町田方面と保土ヶ谷方面とも止まることはないが、交通量の多いままである。

5

4日午後2時半ごろ、町田市鶴間の保土ケ谷バイパスで、合流車線に停車していた大型トラックに、中型トラックが追突した。 大型トラックの運転手には、けがはなかった。

1

なお、反対側の保土ケ谷方面への車線は、スムーズに流れているようであった。 バイパス道路とは、道路の交通量が多く渋滞しやすい箇所を迂回するために、新しく作られた道路のこと。

3

「合流車線で停車は無しだろ。 なぜそこに大型が止まってる状況になったか?が業界経験者でないと想像できないでしょう。

13