台湾 セミコンダクター。 台湾セミコンダクター【TSM】の銘柄分析│株式投資(米国株+α)で資産1億円を目指すブログ

ただし年44万円(税抜40万円)を上限とします。 同年「」の資格を取得。

3

8%増)という業績予測が発表されました。

Q4決算を発表したTSM 今週半ば 台湾セミコンダクター【TSM】 が、2020年度通期の決算を発表しました。 【 投資】、米国株、国内株式(・)、にも手を出しています。

分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。 ハイエンドのパソコン、スマートフォンには必要不可欠になります。

5

7ナノチップはパソコン、サーバー向けの需要増から増収となりました。 Appleからの半導体受注の増加は、台湾セミコンダクターの好決算にもつながりました。 米ドルベースで今四半期のEPSは3. メインシナリオの目標株価は576台湾ドルとなります。

1

皆さんはインテル【INTC】の方が馴染みが深いと思いますが、インテルは回路の設計から製造まで一貫生産を行っているのに対し、【TSM】は回路の製造しか行っていないところが特徴です。

5Gに向けても追い風 今後は、すべての「モノ」がインターネットにつながるという時代がやってきます。

ポケモンGO、パワプロアプリ、マリオカートツアーなど。 1600人の雇用と、月産2万枚のウェーハーの生産能力が期待され2024年の稼働開始を予定しています。

12