四 大 公害 病。 【四大公害病まとめ】公害病の種類とは!?原因や対策・場所・死者数・覚え方など

しかしプールは露天だったため、降雨によりプールから排水が溢れ出て、直接不知火海に流出していった。 それは、多数の暴力的支援者の座り込みによる会場封鎖の下で、威圧的言動や行動により応諾を迫られ、果ては社長以下の会社代表が88時間にわたり監禁状態に置かれるなど、交渉と言うにはほど遠いものでありました。 しかし1950年代頃から人にも被害が出るようになり、熊本県や鹿児島県で多くの犠牲者が生じてしまいました。

日本人のダイオキシンの平均摂取量は、魚介類を中心に1. 裁判が始まり、1973年に原告側の完全勝訴が確定しています。 そのことが現在も差別やにつながっている。

12

イタイイタイ病 イタイイタイ病は 富山県の神通川(じんづうがわ)流域で起きた、公害病です。

( 食物連鎖)食物連鎖の過程でメチル水銀の濃度は高まってしまったことも原因のひとつです。 その厚生省が58年にチッソを汚染源と特定すると、チッソは否定。 また、チッソ水俣工場がアセトアルデヒド生産を開始したのは1932年からで、年間生産量は1954年までは209 - 9,159トンであったが、1950年代中頃から増産が続き、1956年には前年度の約1. 毎日新聞 2011年9月10日• )に係る被害が生ずることをいう」と定義づけられています。

3

政府が正式に水俣病を認定したのは、1968年のことでした。 しかし、12月にチッソは浄化装置を完成させ、汚染収束を演出した。 当初、患者の多くは漁師の家庭から出た。

19

1972年7月の裁判で患者側が勝訴しました。

20

主に鉄分によるもの)にあり、見た目を良くすれば漁民たちの非難をかわせるものと考えていた。

この遅れのため、新潟水俣病 阿賀野川有機水銀中毒事件、1965年頃、昭和電工の工場の廃液) を防げなかったともいえる。 毎日新聞 2014年6月10日• 四大公害を経て策定された法律・決まり事 四大公害が発生した段階では、それを取り締まる法律がほぼ無いに等しい状態でした。

16

1956年:5歳11か月の女児がチッソ水俣工場付属病院小児科に入院。 そして、有害物質が溜まってしまっていた水俣湾は、 485億円と 13年の歳月をもって、埋め立てられました。

2