川渕 三郎。 【東京五輪】川淵三郎氏の“危うい過去” 五輪の理念に反する言動や行動|日刊ゲンダイDIGITAL

【引退後】 1970年 現役引退(日本代表通算68試合、18得点)。 1972年 古河電気工業サッカー部監督就任(1975年退任)。 川淵三郎氏のサッカーに対する熱い思いが伝わってくるスピーチですね。

9

川淵氏に代わる人物はまったくの白紙と言われていますし、少し長引く問題になりそうです。

9

そしてひ孫もいる可能性もありそうです! 名前:川淵三郎(かわぶち さぶろう) 生年月日:1936年12月3日(84歳) 出身:大阪府高石市 最終学歴:早稲田大学第二商学部商学科 高校:大阪府立三国丘高等学校 愛称:キャプテン、槍のかわぶち 川淵三郎さんは元プロサッカー選手で活躍しており、過去には日本代表、オリンピックの出場歴もあります。 — kazone kazone6 【雑記】東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長、森さんの後任候補が川淵三郎さん。

20

1993年5月15日、Jリーグの開会を宣言します。 韓国とワールドカップの共催が決まった会見では「私の顔を見ていただければわかる」と憮然な態度だった。

18

() 書籍、参考文献 [ ]• 川淵三郎氏「森さんの意向をくんで開催に向けて全力を尽くすことはできる。

17

プロフィール• 個人的な感想ですけど、明るい未来が見えません。

2