スライサー おすすめ。 野菜の千切りやスライスに最適!手動・電動スライサーおすすめ12選

グリップ部分が別素材で滑りにくく、スライスしている時も非常にズレにくいのも高評価の理由。

15

。 9cm• スライサーの刃と本体の間に食材が入り込んでしまうことがありますが、使用後は汚れを取り除いで洗浄し清潔に保管するようにしましょう。

8

ステンレス• そこで今回は、 スライサーを選ぶポイントやタイプ別のおすすめランキングをお伝えします。 長く使うなら高機能スライサーをチョイス キッチンのブランドなどから出ている高機能で高価なスライサーもあります。

プログレード 厚み調整機能付スライサー• 969円 税込• 4種類のカットが楽しめる野菜調理器です。 スライス途中で食材が小さくなってくると指を傷つける恐れがあります。

12

電動の キャベツスライサーは電気の力で自動的にキャベツをスライスしてくれます。 スライサーのメリット 基本的にスライサーでできることは包丁でも可能ですが、スライサーには以下のようなメリットがあります。 下村工業|プログレード 厚み調整機能付スライサー• 少ない力でキャベツスライスが簡単にできる• 3mmから25mmまで調整できます。

13

ストッパーだけ購入することもできるので、ストッパーなしを選んで後からストッパーをつけることもできます。 刃の素材• By: スライサーのなかには豊富なアタッチメントが付属した製品も存在します。 サンクラフト|キャベツ用スライサー• 様々な野菜の皮むきに対応した万能セット• 刃の切れ味もよく、キャベツもきゅうりもストレスなくスライスすることができます。

18

2820円 税込• 上部の透明容器に刻んだ野菜が入っていても継続してカットが可能です。

8

10780円 税込• ピーラーはニンジンやじゃがいもなどの皮を剥くのに使いますが、キャベツスライサーとしても使うことができます。

6