牡蠣 の 洗い 方。 お魚屋さんに教わった、牡蠣の下処理の方法。 レシピ・作り方 by ハル haru|楽天レシピ

ボウルに入った牡蠣に• 汚れやぬめりを取り除いた後は、流水で軽くすすぐ要領で洗い流してもいいですし、ボウルに真水をためてその中で優しく手で洗っても大丈夫です。 まず、塩は常備しているご家庭が多いので 特別に用意する必要がないこと。

5

手で揉み込むようにすると 汚れやぬめりは落ちやすくなりますが、 牡蠣の身を傷つけてしまうことがあるので、 心配な方はざるやボウルを円を描くようにして 回して塩を行き渡らせてください。

一方、日本における牡蠣の生食文化は大きく遅れをとっています。 また、牡蠣も当然美しく仕上がります。

1

これが種牡蠣となります。 スーパーで売っている牡蠣には、汚れやぬめりがある事が多いです。

11

種苗サイズが小さいので管理に手間がかかる• 抑制(よくせい)• 臭みが強いかも、と思ったら最後の洗う工程で使う塩水にレモンを半分絞り入れてください。 それは 「 牡蠣は洗わない」 ということ。 牡蠣のむき身をざるやボウルなどにあけ、 塩をふりかけます。

13

牡蠣の殻に隙間がない場合は、硬いもので殻の先の薄い部分を叩いて割る方法をオススメします。