エール 歌声。 柴咲コウが朝ドラ「エール」で披露した歌声が“鳥肌モノ”と大反響!

職人として腕が一流という設定なので、凄くプレッシャーがありました」としながらも、北海道にある馬具工房へ足を運び、役作り。 芸能界に入ってからはミュージカル「レ・ミゼラブル」など舞台で活躍してきた。

20

CDとか出ないかな~。 柴咲コウさんのオペラに対して「あれはオペラではない!」「吹きかえがよかった」と厳しい声も中にはあるようですが、吹き替えではないからこそ感情移入でき、ドラマに感動できるのではないでしょうか。 双浦環はのちに音をはじめ、主人公・古山裕一 窪田正孝演じる にも大きな影響を与える存在となる。

16

さてお昼の再放送を…と思ったら今日は再放送が明日に延期。 第19話(4月23日)、歌手になるという音に「お嬢(音)は筋がいい。 5次元ミュージカル「テニスの王子様」に出演します。

10

自分が作った歌を歌って戦死していく若者の姿に心を痛める裕一…。

2

第91話(10月19日)、静かに天国に旅立つ。 小南は2014年に東京国際声楽コンクール高校生の部奨励賞、15年にジュリアード音楽院声楽オーディション最優秀賞を受賞。 1998年の女優デビューから20年以上のキャリアを誇るが、朝ドラ出演は今回が初。

18

第18週「戦場の歌」で終戦の知らせを受け、賛美歌「うるわしの白百合」を独唱する姿が視聴者の涙を誘った薬師丸だが、この日は軽快なメロディーに乗せ「高原列車は行く」を軽やかに歌唱した。

聞き惚れた。 お世話になった工場の職人からは「普通に働けるよ」と革に穴を開け、糸を通すなどの技術を褒められたといい「死ぬほど練習をしたので、そこは自信があります。 これにて終演。

SNS上には「柴咲コウさんの歌声、きれいすぎてビックリ。 はやく練習させてください」と伝えた。

18

曲の冒頭から圧巻の歌唱力と表現力を見せ、SNSでは「声量スゴッ!」「岩城さんしか勝たん」「すごすぎる」「岩城さんガチのやつやん」「岩城さんのイヨマンテに鳥肌」「だってドラマで歌聞けなかったし」「さすが劇団四季」などと視聴者の度肝を抜いた。