福祉 用具 専門 相談 員。 福祉用具専門相談員に向いている人とは?詳しくご紹介します!

講習受講費用の価格帯は4~6万円程度、受講期間は6~8日間で開講されています。

10

他資格の資格取得と併せてステップアップ 福祉用具専門相談員の資格だけでは、なかなか即就業というわけにはいかないのが現状です。 概要 福祉用具貸与事業所及び特定福祉用具販売事業所並びに介護予防福祉用具貸与事業所及び介護予防特定福祉用具販売事業所 (以下「福祉用具貸与事業所等」という。 関連相談• 〜現役福祉用具専門相談員の皆さまへ〜 福祉用具相談員が情報収集を効率的に行うには、移動中の空き時間をどう使うかがポイントです。

2

内容は以下の通りです。

20

社団法人シルバーサービス振興会のホームページでは、「本研修会は、介護保険における福祉用具貸与事業者の人員基準に定められた「福祉用具専門相談員」の指定講習会として、都道府県知事の指定を受けて実施しております。

10

福祉用具の利用計画を作成 ケアマネージャーが作成した「ケアプラン」と利用者とその家族の相談内容をもとに、「福祉用具サービス計画(利用計画)」を作成します。 看護師• こうした変化に早く気づき、環境と照らし合わせながら適切な福祉用具を選ぶことができれば、「動きやすくなったよ」「介護の負担が減り、自宅での介護に自信がついたよ」などの言葉をもらえることもあります。

2

これらの道具は介護保険の認定を受けたもので、利用する高齢者も介護認定を受けています。

18

(1)福祉用具の選定相談(アセスメント) 福祉用具利用者の方の生活環境や利用状況を踏まえて、福祉用具で解決できることなどを考えていき、各利用者とケアプランに適切な福祉用具を選定していく手伝いをおこないます。 資格取得には、都道府県知事に指定された事業者が行う福祉用具専門相談員指定講習を受講し、50時間のカリキュラムを修了しなければなりません。 訪問確認(モニタリング) それぞれの内容についてくわしく見ていきましょう。

2