スミノフ 割り方。 世界一売れてるウォッカ「スミノフ」の種類と飲み方

氷が入っていないので、時間をかけずにぐびっと飲むのにぴったりです。

16

味がシンプルなので少し風味を変えたい時は、カットレモンを入れるとより爽やかなウォッカトニックができます。

なので、ウォッカ3とソーダ1だと、ウォッカ45mlとソーダ15mlって事になります。

15

ただ、個人的にはロクヨンだと少しきつい感じがするので、• 最初はサッポロビールが販売権を持っていましたが、その後麒麟麦酒を経て、キリン・ディアジオ社を設立しました。 カイピロスカはバーでよく飲まれるカクテルの一つで、フレッシュフルーツとクラッシュアイスが特徴的なドリンクです。

6

スミノフウォッカの種類 スミノフウォッカにはいくつか種類がありますので、ご紹介していきます。 スミノフ レッド スミノフのウォッカといえばレッドで、世界で一番売れているウォッカとも呼ばれます。

2

スミノフアイスの味によっても合う飲み方や割り方があるので、ぜひ色んな飲み方に挑戦して、お気に入りの味を見つけてみてください。 薄口のグラスは、味や温度がダイレクトに伝わってきて、おいしく感じます。 作り方はスミノフ45mlとドライベルモット15ml、氷を入グラスに入れてステアし、氷を残してグラスに移した後オリーブを添えれば完成です。

実際に飲んでみたときの感想: しかし、1917年のロシア革命でスミノフ社は崩壊し、ロシアに留まることが出来ない状況になった当時の社長であるウラジミール・スミノフは、どうにかフランスのパリへ亡命し、パリで工場を再開。 エグみがあって、舌が痺れます。 スミノフアイスはスミノフウォッカをベースに糖分や酸味料などが加えられたドリンクで、アルコール度数5%と飲みやすいのが特徴です。

20

マドラーなどで、グラスのふちを這わせるようにクルクルを回してグラスの表面が曇るくらい冷やします。 チェイサーと呼ばれるショットを飲んだ直後に口に含むドリンクを用意すると飲みやすいでしょう。

8

スクリュードライバーと言えば、ウォッカとオレンジジュースを混ぜたカクテルですが、アメリカやカナダではスミノフアイスの味としても売られています。 あんかけみたいなトロトロさが面白くてハマると思います。 ストレートで飲むと多少アルコール臭を感じますが、割ものを選ばず様々なカクテルの縁の下の力持ち的なウォッカです。