ホロライブ 桐生 ココ。 “会長”と親しまれるVTuber・桐生ココさんがホロライブ卒業を発表―7月1日の「卒業ライブ」をもって活動終了

しかし、そんな彼ですら今回の事件については心底怒っていたのです。 そして炎上が拡大しました。

表示したのは「国や地域表現」なので、中国アンチが間違った解釈をしているのでは? これらを考えると、アンチの方々はなんでもいいので叩ける材料が欲しかったのかもしれません。 しかし、ファンの間では運営の考え方に疑問が残ります。

8

。 の際に掲げた夢の一つ「今年中にch登録者10万人」を達成するため「 自分にドSになる」と宣言した結果何故か リスナーの命を賭け始めた。 タイムリーにレペゼン地球と元社長の話題もあった事から、ホロライブの運営元が様々な機関から投資を受けている以上、資本の割合に応じて力関係の影響はあるかも知れないかなとは個人的には思いました。

10

さあ、これからは未来へと羽ばたいていくココ会長のエンディングロードが始まります。 Twitterで中国人の嫌がらせTweetを報告したり、redditにポストしたり、会長にファンレター出したり、pixivのリクエスト機能を使ってみかじ絵作成を依頼しました。 非常に衝撃的な発表の直後の中で、こういった発言をされるのはとっても勇気がいることと思いますが、それをもはねのけ、自身の言葉で素直にココさんのことをお話されるかなたさんの姿に、筆者は心打たれました。

2に該当する。 「ねえ~、下これ、ゴミだらけなんですけど」 ザコ敵と呼ばれることは多々あるが、さすがにゴミとまで言われるとはクリボーたちも思わなかっただろう。 とにかく、彼女の足跡はまだ終わっていません。

15

彼は非常に誠実に私との会話に応じてくれました。 (中略)僕はココが卒業してもずっと友達だし、これからも支え合って行きたいと思います!」 とお話されていました。