ブルー カレント iii。 bestiary.solarbotics.net: Yamaga Blanks Blue Current III (BlueCurrentIII) 53/B : Sports & Outdoors

テトラ帯や磯で使用するのであればかなりギリギリな長さになり、ちょっと足場が悪い場所だと魚を寄せることはできてもキャッチに手こずる感はある。

4

フォールで誘う際の水噛みや潮流の変化等、激流域でも水中の情報を的確に逐一伝えるので、釣果に直結する「遠投性能」と「高感度性能」を併せ持ちます。 総括 ブランクスの設計が第3段階へ入ったとヤマガブランクスさん自身もおっしゃっている通り今までのブルカレシリーズとは一味違うロッドに仕上がっています。 ジグヘッド単体、キャロなどアジング・メバリングにおけるリグの遠投領域をカバーしながら、その距離を感じさせないダイレクトな操作感と感度が魅力の1本です。

緑で表示しておりますベイトモデル3機種はスピニングと同ブランクですが、比較起点はスピニングはリールフット、ベイトはトリガーにしており、またグリップ・ガイド仕様の違いにより曲がり比較では差異が生じています。

10

7~9cmのルアーを使用したプラッギングゲームや、20g迄のジグヘッドを使用し、スイミングで誘うロックフィッシュゲームまでカバーするパワーフィネスモデルです。 1g前後の軽量ジグヘッドを使用するのであれば、ルアーの操作感を重視してPEラインよりもエステルやフロロカーボンラインの方が良いだろう。 穂先 ティップ の特性 次はライトゲームロッドの使用感を大きく左右する穂先の質感について。

18

レングスを感じさせないシャープなキャストフィールで、驚異の飛距離を稼ぎ出します。

2

常夜灯下で映えるカラーです。 常夜灯周りでフォールメインのジグヘッド単体戦は勿論、トィッチングやジャーク時のレスポンスの良さで、シビアなデイゲームもアグレッシブに「掛け」に行く事が出来るテクニカルショートレングスモデルです。 この場合、表示された獲得数での獲得はできません。

5

ルアーMAX表記からもわかる通り一般的にULと呼ばれるアクション、パワー感。 フロート・キャロ・ジグを遠距離で繊細に操作可能なロングディスタンスモデル。 バット:ベリーとの境目が若干マイルドに、スムーズに曲がり込むようになった こんな感じかな。

3

グリップは長くも短くも無くでシルグル、エンドに手をそえてのダブルハンド共に可能。 逆さま厳禁!ありがたい。

2