念頭 に 置く 意味。 「念頭に入れる」って言ってない? この言い方、正しいの?

「頭」の意味は、思考や考えということです。 場面に応じて色々な言葉を使い分けてみてください。

6

(出典:デジタル大辞泉). 自分や部下など、同等か目下の人が「常に心がける」「いつも忘れないでいる」ということを表すのに適した言葉ですね。 また、忘れないでいる。 … dai ichi ni imeeji si te iru 〜 wo tsukau toki , warui koto ni tsukau toiu koto ni ryuui suru koto. いずれも技術職員が不足している地方自治体での積極的な活用を 念頭に置く。

「念頭に置く」の敬語表現とは? ここでは、「念頭に置く」の敬語表現についてご紹介します。 彼女の生い立ちを念頭に置いてアドバイスする。

9

という意味です。 例えば、「彼女の言葉が念頭に浮かぶ」というような使い方をします。 「念頭に置く」と「念頭に入れる」の違い 「置く」なのか 「入れる」なのか、間違えてしまわれることがありますが、正しくは 「念頭に置く」です。

また 「いつも心の中や、考えに入れて欲しい」と誰かに思った時に、 「念頭に置く」という言葉を使ってみましょう。 「Bear those words in mind. 「念頭に置く」で、すでに「いつも」という意味があるため、「常に」と一緒に使用してしまうと二重表現になってしまいます。

1

「念頭に置く」の類義語とは? ここでは、「念頭に置く」の類義語についてご紹介します。 (出典:デジタル大辞泉) ・前提(ぜんてい) 意味:ある物事が成り立つための、前置きとなる条件。 「私は念頭に置いている」「彼は念頭に置いた」などとだけ言っても意味がわかりません。

心の中。

11