全æ˛ģ 不čŠŗ。 「不čŠŗ」ぎ意å‘ŗとäŊŋい斚はīŧŸã€Œä¸æ˜Žã€ã¨ãŽé•ã„とäŊŋい分け斚もčĒŋæŸģīŧ

更ãĢ始æœĢがæ‚Ēいぎは、äģ•äē‹ã‚’すればするãģお間違いもåĸ—えるという、į›¸é–ĸé–ĸäŋ‚ãĢあるということである。 全æ˛ģと厌æ˛ģぎ違いを中åŋƒãĢごį´šäģ‹ã—ぞした。 「不čŠŗã€ã¨ã„ã†č¨€č‘‰ã¯ã€ 「ãĩしょう」とį™ēéŸŗã—ã€åčŠžãžãŸã¯ã€Œä¸čŠŗだ」ぎようãĢåŊĸåŽšå‹•čŠžã¨ã—ãĻäŊŋわれぞす。

16

īŧŠåˆĨ々ãĢčĸĢåŽŗåąŠã‘ã‚’å‡ēしãĻいぞす。 15äēēぎおじさんが一į”Ÿæ‡¸å‘Ŋ「わいせつ文書」ãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ãŖãĻãĒんかとãĻもæĨŊしそうですよね。

たとえばéĒ¨æŠ˜ã‚’しãĻしぞãŖたとしよう。 「不čŠŗ」と「不明」ぎ䞋文をぞとめãĻごį´šäģ‹ã—ぞした。 大分ãƒģæĩį¯‰å¸‚で、įˆļčĻĒがč‡Ē厅ãĢį¯æ˛šã‚’撒き子おもīŧ”äēēがæ­ģんだįĢäē‹ãŽčŖåˆ¤ãŒīŧ‘月īŧ’īŧ–æ—ĨãĢ開かれぞした。

15

īŧ—īŧ•ä¸‡å††ã¨ã„うぎはåĻĨåŊ“ãĒ額ãĒぎでしょうかīŧŸãžãŸæ°—įĩļã—ãŸåžŒã‚‚æš´čĄŒã‚’åŠ ãˆãŸį­‰ãŽäē‹ã‚’言ãŖãĻきãĻ 顔ãĢį—ŖがあãŖたため ぞす。 äģĨ下äē‹äž‹ã‚’čĻ‹ãĻいきぞしょう įĻå˛ĄéĢ˜åˆ¤æ˜­å’Œ46åš´10月11æ—Ĩ ã€ŒåĄŠã‹ã‘äē‹äģļ」 īŧˆåĄŠã‚’æŒ¯ã‚Šã‹ã‘ãŸčĄŒį‚ēãĢæš´čĄŒįŊĒをčĒã‚ãŸäē‹äž‹īŧ‰ 判æąēčĻæ—¨ 「īŧˆčĸĢ告äēēが、 åĢŒæ‚ĒãŽæƒ…ã‚’æŠąã„ãĻいたåĨŗ性をčŋŊã„ã‹ã‘ã€åĄŠåŖēã‹ã‚‰åĄŠã‚’æ•°å›žã€é ­ã€éĄ”į­‰ãĢãĩã‚Šã‹ã‘ãŸčĄŒį‚ēãĢついãĻīŧ‰é€šå¸¸ã“ぎようãĒ所į‚ēがそぎį›¸æ‰‹æ–šã‚’しãĻ不åŋĢåĢŒæ‚Ēぎ情をå‚ŦさせるãĢčļŗりるもぎであることはį¤žäŧšé€šåŋĩ上į–‘問ぎäŊ™åœ°ãŒãĒいもぎとčĒã‚ã‚‰ã‚Œã€ã‹ã¤åŒåĨŗãĢおいãĻこれを受åŋã™ãšãã„われぎãĒいことは明らかである。 これは「å¤Ēé™Ŋ」ぎåŊĸと「æŦ ã‘た月」ぎåŊĸをį¤ēしãĻおり、すãĒã‚ãĄã€Œæ˜Žã€ã¯ã€Œã‚ã‹ã‚‹ã„ã€ã‚’æ„å‘ŗする字とãĒりぞした。

19

「不čŠŗ」は「äģŠåžŒæ˜Žã‚‰ã‹ãĢãĒるかもしれãĒいが、įžæ™‚į‚šã§ã¯æ˜ŽįĸēではãĒいこと」や「äģŠã¯ä¸€éƒ¨ã—か分からãĒいこと」といãŖたニãƒĨã‚ĸãƒŗã‚šãŒã‚ã‚‹č¨€č‘‰ã ã¨ã‚‚ã„ãˆãžã™ã€‚ グãƒŧグãƒĢ検į´ĸīŧˆīŧ’月īŧ“æ—Ĩīŧ‰ã§ã¯ã€ 「全æ˛ģ不明」īŧīŧ‘万īŧ™īŧ”īŧīŧäģļ でした。

6

「不明」ぎ「不」は、前čŋ°ãŽã€Œä¸čŠŗã€ã¨åŒã˜ãã€ä¸‹ãŽåčŠžã‚’åĻ厚する働きをį¤ēしぞす。 意å‘ŗはわかりぞす。 もし、äģŠå›žãŽäē‹äž‹ã§į¤žé•ˇãŒčĒŋ剤したから部下は鑑æŸģをしãĒかãŖたとすれば、こぎäŧšį¤žãŽå•éĄŒį‚šã¯ãã“ãĢあるといわãĒければãĒらãĒい。

æ„č­˜ã¯ã‚ã‚Šã€å‘ŊãĢåˆĨæĄã¯ãĒいという。 ã”ã‚“ãšã‚“ã¯ã€Œã¤ã¤ã—ã‚“ã§č¨€ã†ã€ã¨ã„ãŖた意å‘ŗをį¤ēしぞす。

8

ã“ãĄã‚‰ã§ã‚‚æ€Ēæˆ‘ã‚’č˛ ã‚ã›ãŸäē‹ã¯æ‚Ēいと思いčŦįŊĒはしぞしたがčŋ‘々čĸĢåŽŗåąŠã‘ã‚’å‡ēすとぎäē‹ã§ã™ã€‚

8