煽り運転 通報された場合。 煽り運転の通報は後日でも対応してもらえる?通報すべきタイミングについて|中古車なら【グーネット】

また、煽り運転で死傷事故を起こした場合、死亡事故で1年以上20年以下(加重により最長30年以下)の有期懲役、負傷事故で15年以下の懲役が科せられ、また運転免許は基礎点数45 — 62点により、免許取消・欠格期間5~8年の行政処分を受ける可能性があります。 たとえ有力な証拠・情報があっても、間接的な証言では、なかなか信用してもらえないのも事実。

18

煽られた車がハイスピードで走行したために事故になってしまった事例もあります。

15

悪質なドライバーは数キロ先まで煽り運転で前を走る車両を威嚇することがあり、さらにその煽り運転により、前方車両が事故を起こし、第三者が交通事故被害を受ける事故も発生しています。 私は、確かに遅い車だなと思いましたけど、煽り運転と言われるほどの運転はしていないつもりでした。 「ヘルプネット」は、トヨタの「Tコネクト」やホンダの「インターナビ」など、各メーカーのサービスで利用できる緊急通報サービス。

14

では通報する場合どうしたらいいのかまとめました。 9,000円の反則金• 私も後日、自宅に来られた経験がありますが事情を聞かれて終わりでした。 そのため 「こんな危険な運転をされたが、あおり運転として逮捕してもらえないだろうか」という場合は、証拠映像を警察に提出しましょう。

6

ナンバー通報サイト・動画投稿サイトは利用すべき? あおり運転を行った車のナンバープレート情報や、あおられた際のドライブレコーダー映像などを投稿する「 あおり運転通報サイト」が、いくつか散見されます。

あおり運転で逮捕されることを心配しすぎず、いつも通り安全運転に努めましょう。

また、「その場で危険を感じたので急ブレーキを踏んでしまった」「うっかり車間距離が近くなっていた」場合は、 悪質ドライバーとして捜査される可能性は低いといえます。 妨害運転のような悪質・危険な行為により人を死傷させた場合には、危険運転致死傷罪(妨害目的運転)等にも当たる場合があり、さらに厳罰に処せられることがあります。 ステッカーをつける まず、挙がっていた煽り運転防止法がステッカーをつけることです。

負傷事故で最長15年以下の懲役• 2015年6月26日 煽り運転された場合の対処法 煽り運転とは 煽り運転とは、前方を走行する車に対して、道路を譲るよう強要する行為であり、車間距離を詰めて異常接近したり追い回したり、ときにはハイビーム・パッシング・幅寄せなどによって相手を威嚇したり、嫌がらせをするなどの運転になります。 7,000円の反則金• あおり運転にまつわる迷惑運転・危険運転を「妨害運転」とし、 「妨害運転罪」を創設しました。