平泳ぎ タイミング。 平泳ぎのドリル練習 │ こっそり水泳マスター

まず両腕を動かしてひとかきして1秒待ちます。 30 キックがどうしても左右上手く均等に出来ないときは是非このド […] Posted in• その状態から後ろに向かって弧を描くように閉じながらキックします。

上半身が入水するタイミングとほぼ同時かすこし早いくらいのキックを打つだけで十分に体重移動をすることは可能です。

20

例えで言うと、キックによって10のスピード、プルによって7のスピードが出るとします。 ) ・16コマ目で、できるだけ高い位置からキックを蹴りおろしたい。 慣れてきたら2キック1プルを行い、更に慣れてきたら通常の平泳ぎを泳いでいくようにしましょう。

14

足をひきつけて蹴るのと、ウェイブする泳ぎ方なので、体に対してある程度の角度をもって蹴ります。 壁に背をつけてひざの引き幅、股関節の引き幅を丁寧に解説してくれています。 <呼吸、脇のしめ、背すじの変化> プルが終了すると同時に、呼吸する準備に入ります。

14

手のストロークを始めるのはキックをけり切ってからです。

15

スランプとかに陥ったときなど、外掻きから、内掻きへと移行したりしてみるのもいいかもしれません。 速く泳ぐことができるのは、ウィップキックの方です。

4

その際、手を胸元に引き寄せるように水をかくと、浮力が働いて上体が引き上げられるので、そのタイミングで水から顔を出して息を吸います。 その際、肘は必ず水中に入っていなければなりませんが、手は水中・水面・水上のどこからに伸ばしても構いません。 そして、その際、手のひらの向きがポイントになります。