コロナ 中国 訴訟。 膨らむ経済損失と不満 世界で始まった「コロナ訴訟」:世界を読み解くニュース・サロン(2/4 ページ)

また、「湖北省高等裁判所回答」および「内モンゴル高等裁判所ガイドライン」は、新型コロナウイルス感染拡大が契約履行の影響度合いが、契約目的の実現不能に至るか否か、新型コロナウイルス感染拡大が契約目的の実現不能と因果関係があるか否か等の側面で個別に判断する必要があるとしています。 中国政府が世界保健機関(WHO)へ十分な情報提供をしなかったことは国際保健規則に反するとして、国際社会は中国政府に法的措置を取るべきだと提言した。

20

とりわけ、契約目的が実現可能である場合、裁判所は、当事者と調整し、契約履行の内容の変更を求め、契約解除の請求に対して慎重に判断しなければならないとされています。 2020年4月29日、仏国際放送局RFIは、の感染拡大をめぐり、現時点で少なくとも8カ国が訴訟を起こしていると報じた。 隠し子である「娘」の振る舞いや、自伝で語られた「ダメ人間」ぶりなどが欧米やアジアで話題になっている。

12

マーク・グリーン米下院議員がFOXニュースに、両首脳による会談内容を暴露したもので、同議員は「これが中国という国。 裁判所は、双方の当事者が挙証したうえで、総合的に双方の過失を判断し、過失の大小により責任を確定しなければなりません。 また、一方の当事者が違約後に、他方の当事者が適切な措置を講じずに損害拡大させた場合、拡大させた損害につき、賠償を求めてはならないとの意見を示しています。

4

しかも、そうした従業員の感染情報を内部で共有していなかった。

20

支払いに応じない場合、中国の国有・国営企業がオーストラリアで保有する土地などの資源を没収して賠償に替える」 と、中国が応じない場合の対応策にも言及した。 州は、宗教行事を外出制限の例外にしたが、それでもまだ制限は残っていると原告側は訴えているという。 新型コロナウイルス感染拡大が契約の履行に影響を与えていない場合には契約を継続して履行しなければならず、当事者が不可抗力を理由に契約解除を主張する場合、裁判所はこれを支持しません。

10

ジョシュ・ホーリー上院議員(共和党)は民主党の下院議員らも加えて超党派で中国政府の法的責任を問い、米国だけでなく被害を受けた各国に対して賠償金支払いを求める決議案を上下両院に提出した。 また、より迅速かつ分かりやすい情報発信を実現するために、2020年から公式Youtubeチャンネルを開設したので、参照されたい。 証明義務 「湖北省高等裁判所回答」では、当事者の証明義務について過度の要求をしてはならず、当事者が法廷調査終了前にその住所地または契約履行地の人民政府が発行する新型コロナウイルス感染拡大に関する対応措置の証拠を提出した場合、通知義務および証明義務を履行したと認定すべきとしています。

14

また米国では、民間から集団訴訟も起きている。 世界的な訴訟になる可能性も高まっている。 もし5中全会(中央委員会第5回全体会議)を開催すると、責任問題が噴出し、習近平は詰め腹を切らされるというシナリオが急浮上した。

エジプトでは、弁護士が中国の習近平国家主席に対して、新型コロナの感染を拡大させたとして10兆ドルの損害賠償を求める訴訟を立ち上げている。 さらにミズーリ州では4月21日、州司法長官が、中国政府は新型コロナの危険性についてうそをついて隠蔽したとして損害賠償を請求する訴訟を起こした。

9

なお、新型コロナウイルス感染拡大期間中に速達の一時停止、外出制限等の問題があった点を考慮し、通知の真実性、適時性および有効性を考慮したうえで、SMS、「WeChat(チャットアプリ)」、電子メールなどの通信方法によって成された通知の有効性を認めるべきとしています。 まとめ 前述した中国各地の裁判所による契約紛争に関する不可抗力の認定原則の整理から、 基本的に中国の裁判所は、新型コロナウイルス感染拡大は、不可抗力に該当すると判断していることがわかります。 いま中国に賠償金を要求するのならば、アメリカが当時の責任をとって、賠償金を支払ってからにせよ」などとの痛烈な批判が出ている。