マスク 生産。 マスク生産の最前線を追う 水着、デニム…新素材も続々 [新型コロナウイルス][ニュース4U]:朝日新聞デジタル

アイリスオーヤマやシャープ、トリニティ、アートネイチャーなど大手の企業がマスク業界に参入し、マスクの供給量が増える見通しができました。 ドーバー酒造株式会社• 国の公募に続々と名乗り 不織布は取引先の三井化学(東京)から確保し、生産設備は経産省の仲介でナカンテクノ(千葉)から購入。

8

マスクの消費量は4月から週に6000万枚の水準だったにも関わらず、4月の第4週には4850万枚まで落ち込んでいます。

10

簡単に洗えて耐久性も高く、数年は使えるという。 店頭にいくと不織布をはじめさまざまなタイプのマスクが並んでいますが、これらはどれを選んでもOKというわけではなく、利用状況に合わせて適切に利用するようにしましょう。

19

だが、平時と比べて利用者がけた違いに増えているのに加えて、そもそも消耗品であるマスクは日々消費されており、需要に応え、追いつき、十分に満たすまでには相応の時間を要する。

7

経産省は「国内生産への回帰を進める」との方針で、4、5月も生産設備導入の補助対象事業者を公募している。 日興製薬株式会社• 「不良品が出ないよう、5月の本生産に向けて設備の調整を続けます」。 一度エントリーすれば、抽選に外れても自動的にその後の抽選の対象となる仕組みです。

2

シャープも含め、日本政府のマスク増産要請に応じた増産10社の生産増加分は月4500万枚以上になる見込みだ。 マスク等防護具について マスク等の供給状況 マスク不足に対応するため、医療機関・介護施設向け、各世帯向けなど、それぞれの配布先や仕様に応じたマスクの確保に努めています。

1