文明 堂 カステラ。 店舗情報

また、株式会社文明堂銀座店の東銀座店は、「文明堂銀座店東銀座店」となるのではなく、「銀座文明堂東銀座店」となる。 最後のマークは中川の紋である。

広告の掲載場所は表紙をめくった"表紙 ウラ" という一等地である。 翌1951年(昭和26年)にオープンした日本橋店に「 24-0002」、東横のれん街店に「 46-0002」を得て、さらに1952年(昭和27年)に再開した麻布店(元東京支店)には戦災で一旦手放した「 48-0002」を買い戻した。

カステラ」は通常のカステラの倍以上という結果に。 長崎工場売店 西彼杵郡長与町高田郷3165-1• 東京支店の電話番号「48-0067」「48-0068」には特に工夫はしていない• 古賀サービスエリア(上り線) 古賀市筵内1-1-5• 掲載場所は表紙をめくった"表紙ウラ"の、さらに"次"のページで 、『カステラは一番 電話は二番』のキャッチフレーズと、新宿店には『電話 四谷 九(ココ)一(イチ)番(バン)』とフリガナが付けられている。

19

井筒屋中津ショップ 中津市島田134 ゆめタウン中津1F 熊本県• カステラ」は、 ずっしりとした食べ応えで、生地は モッチリしている。

17

のれん分け [ ] 大阪・に本店を構える や、東京・の 文栄堂は文明堂からされた企業である。

8

宮崎甚左衛門 『商道五十年』 1960 実業之日本社 131ページ• その後1990年代からはリメイクされたカラー版が放映されている。 こういう番号は、お客様の頭の中に焼きついて離れないからである。 厳しい修行の中で技を磨いたまさにプロフェッショナルです。

18