大角 玉屋 の いちご 大福 は 何 を ヒント に 生まれ たか。 曙橋の和菓子店「大角玉屋」が100周年-「いちご大福」発祥の店

保存料を一切使用しておらず作りたてを当日中に売り切るため、夕方には購入できないことも少なくありません。 そして、30年前に人気となりバスが3台も見学に来たとのお話には安堵感と共に高揚感を感じました。

5

いちご大福が生まれたきっかけ 5S 見える化 コンサルティング 「 いちご大福」は、大福のあんこの中に、新鮮な生のいちご一粒がまるごとおさまっています。

1

が主流だったところに、斬新すぎるいちごを入れてみたという大角玉屋3代目店主。

大福屋の主人は「金氏には2~3度しか会ったことがなく、大福の作り方も教えていない」という。

15

いちご大福の製造法の特許を保有しているのは「大角玉屋」[1]。 大角玉屋のいちご豆大福を食べたことのない人も、当時いちご大福ブームが起こったことを覚えている人は多いのでは。 大角和平さん(当時33歳、新宿区の和菓子屋「玉屋」の3代目)が、1985年2月に売り出していらい、日本全国に広まりました。

6

お店の目玉商品はわらびもちで、いちご大福は12月~5月までの限定商品。 大角玉屋のいちご大福はどこで買えるの? 大角玉屋の店に行くほか、大角玉屋のいちご大福は各曜日ごとに下記デパートで購入可能です。

18

いちごが丸ごと入った大福の発売です。 大角玉屋にFAXで注文することができますよ。

8

最初の日、おそるおそる20個だけつくったら、30分で売り切れてしまって・・・ 新商品開発の3つの条件 5S 見える化 コンサルティング 要素の組み合わせが新鮮だった成功事例です。 高学歴の秀才(良い子)たちをいくらかき集めても、よい新製品開発はできないという事実に、企業経営者はそろそろ気づいてもよいと思うのですが。

13

誰かが ブレーク・スルーして 見せてくれるのを、多くの人が待っています。