捨て られ た 皇 妃 ネタバレ 119。 捨てられた皇妃 最終回

皇太子が来たことに驚くアリスティアとモイーラ。

2

アリスティアは自分の家の剣術なのに私は教えてもらえないと羨ましそうな顔をするのでした。

私たちの中の誰よりもあなたが一番殿下と会ってるくせに!と。 咄嗟に避けようとするも体が王座から離れない。 父王は自分には厳しく笑顔も向けてくれないのに、アリスティアとは笑顔で会話しています。

するとそこへ、久しぶりですねと言い、ラス公爵夫人がやってきた。 許さない。

2

すると途端にモイーラの態度が変わり、皇太子にずっと会いたかったとアリスティアを押して駆け寄ります。 声だけが出ない。 忠臣モニーク家の才女。

5

紋章を付けた礼服姿のアリスティアを見て、ルブリスはショックを受けるのか、悲しい目をするのか。

親戚であるゼナ公爵の冷たい態度に傷つくのではと心配して、父は今までこの話をアリスティアにしてこなかったのでした。 しかし、ケイルアンはそこできっぱりと言いました。 今少しいいかと聞くルブリスに、すぐに仕事に戻らなければと言うアリスティア。

20