二葉 亭 四迷。 [B! 用語] 二葉亭四迷

" という構文をほとんど使ったことがないし、目にしたこともない。 文は形なり。 中学高校と六年間ならった暁には、たいていの人が読み書き話すのに支障ない状態になっていなければならないし、第一、それを教えるのを生業としている英語の先生は、英語を使ってのコミュニケーションに関してはまったく問題がないはずだ。

15

" の向こうには、何もない。

言いたくないよ」(20代男性)というように、自分の愛情が伝わるのをあえて避けたがる男性もいるようです。

6

翻訳が格段にむずかしくなるのだ。

日常接する人と同じように、わたしたちは作者に関しても同じように「性格」を想像してしまう。

17

だが、ほんとうに「冷たい人間」というのがいるのだろうか。 わたしはいまだに覚えているが、英語の教科書の最初のページには、ペンの絵が描いてあって、 This is a pen. 乱歩という人はずいぶん多くの本を読んでいたのだな、と思っているうち、やがて、そうではなくて、乱歩が評価した作品が翻訳されるようになったのだ、ということに気がついたのだった。 - 3月、東京出張員になる。

1