山鹿 市民 医療 センター。 外科

2019年の肝癌の過半数がメタボ肝癌であり、さらにその半数が糖尿病 DM を有していました。

18

一般内科• 生活保護法指定医療機関• 令和二年度は新型コロナの流行により、市民公開講座は中止となりました。 2010年 - 地域医療支援病院の承認を受ける。 論文としては、山鹿市民医療センターからの英文論文20編 内、Firstまたは2nd author 12編 、和文筆頭2編を報告しました。

18

さらに2019年には日本がん治療認定医機構・研修施設と日本消化管学会胃腸科正規指導施設に認定されました。 進行例では化学療法、放射線療法、緩和医療を適宜選択することで、すべてのステージの患者様への対応が可能です。 - 山鹿町国民健康保険組合診療所として開設。

16

日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本肝臓学会、日本消化管学会の専門医、指導医として地域の医療向上に努め、山鹿市をはじめとした鹿本地域の皆様に貢献できますように誠心誠意頑張っていきたいと存じます。

12

医療機関の指定等 [ ]• 特に、悪性新生物については、平成24年4月に緩和ケア病棟を開棟し、がん診療の拠点病院化に向けた機能の充実を果たして参ります。

肝癌のラジオ波焼灼療法では、内視鏡下アプローチやソナゾイド造影エコー・フュージョンエコーを積極的に活用しています。 これらすべての認定を受けた施設は県内で3施設のみです。

9

特に腹腔鏡手術の増加が顕著です。 根治性に加えて安全性を重視することで、当センターにおける手術やIVRなどに関連した死亡例はありません。 化学療法は、がん薬物療法専門医である宮本英明医師とがん化学療法認定看護師、認定薬剤師を中心におもに外来で行なっています。

2