マイクロ ツーリズム と は。 【星野リゾート】星野リゾートが提案する「マイクロツーリズム」~地域の魅力を再発見し、安心安全な旅 Withコロナ期の旅の提案~

東京で日本茶を飲める店が増えている一方、お茶の産地で地元のお茶を飲める店は非常に少ないようです。 また、長門市と進める「長門湯本温泉まちづくり計画」のコンテンツの一つとして、宿泊者以外の方も利用できる「あけぼのカフェ」や、宿泊者が気軽に温泉街に出ることができる「あけぼの門」を備えています。 当初想定300店の4倍を超える参加があり、支援総額も247,060千円 (支援者数:9,347人)と支援総額も当初想定5千万円の約5倍と、予想以上の反響がありました。

9

地元や近隣で旅行需要を満たすことで感染拡大のリスクも軽減でき、かつ経済活動も活発になり、事業者も旅行者もwin-winな関係になれるでしょう。 さらに任意で県内観光地の魅力をSNSで発信してもらい、多くの人に制度利用を促す取り組みを試みました。 ご利用上の注意事項 ダイナミックレールパックのご旅行代金は、随時変動いたします。

11

温泉や自然散策、贅沢な料理や居心地のよい客室など、滞在を通して明日への活力を取り戻す、そんな保養目的での利用が一般的でした。

14

ですが、星野リゾートさんのような取り組みを真似ても成功するとは限りません。 村民の一員になったかのように、雄大な自然での生活が体験できます。

5

長期化するコロナ渦中で、ストレスのない旅行を提供するためには、宿泊施設や観光スポットは感染対策だけでなく、Web上での情報発信も欠かせない業務となっています。

20

つまり逆をいえば、インバウンド需要が低下してしまうことで、日本経済も大きく打撃を受けてしまう状況といえます。 青森県弘前市「食べて泊まって弘前応援キャンペーン」 青森県、秋田県または岩手県に在住する顧客を含む個人またはグループを対象に、特定の団体に登録している弘前市内の宿泊施設に宿泊する顧客に対して1人1泊2,000円の割引(最大3連泊まで利用可)の割引を適用している。

6

マイクロツーリズムを狙ったキーワードコンテンツを挿入する 少人数、短期、近距離、アウトドア、キャンピング、ハイキング、旅の思い出を通販(食品、体験チケット)、部屋食、露天風呂、離れ、貸し切り 風呂、個食室、コテージ、予約、現金以外の決済方法、入館状況、入場規制リアルタイム情報、消毒、ソーシャルディスタンスポリシー等の3密を防ぐ、安全に安心して体験できる事を訴求する事が必要です。 マイクロツーリズムの実施例と課題は? 外国人旅行者のメッカとなり混雑などの 観光公害が著しくなった京都市は日本人から 敬遠されるようになったが、改めて日本人 向けのプロモーションを始めた。 これこそが前述した「 地域の魅力を磨くこと」です。

市内の異なる産業に従事する人たちが協同で、自分たちの地域にある魅力開発を行い、市民から高い評価を受け、ついには東京や他の産地にも展開しています。 キャンプ|ハイキング|トレッキング|バーベキュー|自然散策|露天風呂|離れ|コテージ|貸し切り風呂|ワーケーション |テレワーク|リモートワークなど 3.ポータルサイトではなく自社サイトで発信する 膨大な数の施設を取り扱うポータルサイトでは、価格競争になりがちで、コロナ禍での特徴的な取り組みがお客様に届きにくいです。

まとめ 今回はWithコロナ期の新しい生活様式として注目を集めている、マイクロツーリズムについてお伝えしました。

8