大隅 鹿屋 病院。 職場紹介

大隅鹿屋病院は、鹿児島県を2つに分ける半島のうち、東側の大隅半島のほぼ中央に位置する鹿屋市にあります。 ただ6年生で見学に来た時に、症例はたくさんあったし、フィードバックしてくれる先生もきちんと居て、自分が頑張ればどんどん実践させて貰えるのではないかと言う期待もあって選びました。 また、僕自身は、自分が習って出来るようになるという事はすごく嬉しいと感じるんですよね。

夕方は入院中の患者さんの症例が対象で、医師以外にも多職種が参加し、主に退院調整を目的とした検討を行っている。 急性期の患者さんに関しては、当院より高次の医療機関に転送するという事は稀で、ほとんどは頑張って受け入れているので、初期にしろ、専門研修にしろしっかりと症例は確保出来ると思います。

12

「当院には救急対応もできる内科医を希望する医師が多く在籍しています。 重田盟子・看護部長も「在宅生活を意識したリハビリを行い、スムーズに退院する流れができつつあります。

18

消毒に行ったときは1~2分で終わり拍子抜けしました。 なので、これから病院を選ぶ医学生や研修医の先生に関しても、そういった視点で病院を選んで頂ければと思います。 指導する中で、研修医の先生にも同じ喜びを味わってもらいたいと思っています。

3

一方、教育面では研修医をはじめ若手スタッフへの対応が課題になっていた。 朝は前日の新入院の症例が対象で医師が参加。

15

関連大学 島根大学 診療科名 病床数 医師数 指導医数 平均外来患者数 平均入院患者数 内科 - 床 6. なので、どんな患者さんが来てもしっかりマネジメントが出来る能力を身に付けさせたいと考えて指導しています。

8