トランス ジェンダー スポーツ。 トランスジェンダー女性はスポーツにおいて女性ではない

「誰が女性としてスポーツに参加できるのか」をめぐって「性別確認検査」などという人権侵害もあった。 特に注目を集めたのが、以下の一文だ。

15

」 とこのような悩みをTMZ-SPORTSのインタビューに対して語っている。 そういうのを見て、もう一度考えてみたの。

9

南アフリカの女性陸上選手、キャスター・セメンヤ(現在は女子サッカーの選手)。

元男性の女子選手たちが世界新記録を取ったところで、なんだか、もやっとしてしまうのは、私だけでしょうか? 一方で男子選手として出るのも… では、元男性の女子選手は、男子選手として出場すべきだと思うかというと、それもどうなのだろうと思ってしまいます。 現在は、女性としても男性としても私生活を送っており、女性になる為の手術はしていないという。 タイの世界選手権では、公式な抗議は起きなかったが、あるベテラン選手はこう解説した。

7

こういうわけで、スポーツの世界ではシス女性こそが女性であって、トランスジェンダー女性は女性ではない。 オーストラリアの女性トップアスリートTamsyn Manouさんも「アンフェア」と言及。 「私はためらっています、女性として出場することが、良い結果よりも悪い結果を招くのではないか懸念があるのです。

またアメリカでは70万人の人が性転換中のトランスジェンダーであるとABCテレビは報じています。 トランス女性選手が陸上競技女子の枠でトップ独占し、生物学的な女性選手が苦境に。

レイチェルに敗北し 3位に終わったジェニファー・ワグナーが「不公平だ」と SNSで批判をしたことにより、レイチェルがそれに反論する形となったことで、この議論は再び活発になってきている。

生物学的な性別の違いが競技結果に影響を及ぼすと考えた。