俺 ガイル ss 八幡 イケメン。 【俺ガイルSS】城廻めぐり「比企谷君…」 八幡「?」

45 後、これから原作とかなり違います だから『ここは原作と違うぞ』ということは結構あります ヒッキーが犬かばって事故にあったのは変わらないです ————————————————————— めぐり「…八幡から好きって言ってくれたよ!」 八幡「えっと…. 72 八幡「ま、まあとりあえず放課後会いましょう もうすぐ昼休みも終わるので」 めぐり「うん…放課後教室にむかえにいくから待っててね!」 八幡「教室だと変な目で皆に見られるので 正門で待っててください」 めぐり「…. 哲学的な意味で知らないって意味ならノーとも言えるが。 鮭に味噌汁に白ご飯にほうれん草かな? だがしかし味だ あーし「早くたべろし」ソワソワ 八幡「…. 」 雪乃「ついに頭がおかしくなったのかしら?」 八幡「だよな…違うよな。

11

その人に告白するならどういう風に告白をするのかしら?」 八幡「それ恥ずかしくない?」 雪乃「大丈夫よ。 私はあなたと雪乃の子なのよ」 八幡(はあ!?はああああああ!!俺と雪ノ下の子供だあ!?) 八幡(たしかに好きはとても他人に思えなかったが…それに俺と小町と同じたしかに似てるが) 八幡(じゃあ比企谷雪菜という名前も俺と雪ノ下が結婚したというのか………全く想像できねえが) 八幡(それに俺はいろはと結婚して夫婦仲良好だし…そうなるはずが わけがわからないよ) 雪菜「…悩む必要はないわ…もうその未来は訪れないから」 八幡「…どういう意味だ」 雪菜「なくなったの…あなたのせいでね」 八幡「っ」 八幡「…俺が」 雪菜「そうよ…もっと詳しく言えばあなたとのせい」 八幡「なに!いろはも」 八幡(俺はともかくなんでいろはもなんだ?あいつと雪ノ下は一度もケンカしたことがない、今も交流を続けるくらい親しいんだぞ) 雪菜「お父さんとお母さんが結ばれるにはあの卒業式の告白を了承すること…あるいは逆に告白すること」 八幡(あのときか…そのころまだ自分の本当の気持ちがどうか…はっきりわからなくて、そんな曖昧な気持ちで雪ノ下やと付き合うのはあいつらに失礼だと思って告白を受け取らなかったんだが…) 雪菜「複雑そうな顔してるけど、これはまだいいのよチャンスはいくらでもあったから…もう一つの条件さえ満たしていればね」 八幡「そうなのか?」 八幡(意外だったな) 雪菜「八幡がお母さんと同じ大学に進学すること」 八幡「!?」 雪菜「さっきいったよね卒業式で告白を受け取らなくてもチャンスはいくらでもあるって それは同じ大学に進学していれば会う機会はいくらでもあるもの 実際私も大学二年生の時付き合い始めたと聞かされていたから」 八幡(あの冷静だった雪菜が取り乱し涙をポロポロと流す姿を見て俺は胸が締め付けられるような心の痛みを感じずにいられなかった) 雪菜「なんで…なんでなの…お母さんの事を理解してくれる男性はあなたしかいなかったのに! やっと…やっとお母さんは自分の事を理解してくれる人と巡り会えたのに 」 八幡「雪菜…」 雪菜「どうしてよ…どうしてあなたはを選んだの…お母さんにはあなたしかいなかったのに…なんでなの」 八幡(何も言い返す事ができなかった…慰めの言葉をかけても雪菜の状況は変わらない…むしろ傷つけてしまうだろう。 俺は施しをもらおうとは思ってない」 雪菜「そんなの気にしないでいいからさっさと飲みなさい。

10

」 由比ヶ浜どうしたんだろ?いつもならヒッキーマジキモい!とか言うのになんか由比ヶ浜らしくないな. いつまでたっても私が飲めないじゃない」 八幡「!?おまえも選んだのか」 雪菜「当然よ。

8

と これでOK! って ん? あーし『わかった今すぐヒキオん家行くからちょっとまってろし』 八幡「」 間違って三浦に送ってしまった… い、今からでもまだ間に合う! ピンポーン …. 第一章 社会人比企谷八幡 2016年01月16日 土 03:09 改 2016年01月16日 土 04:37 改 2016年01月16日 土 11:32 改 2016年01月16日 土 15:29 改 2016年01月17日 日 20:50 改 2016年01月18日 月 01:02 改 第二章 再始動 2016年01月18日 月 22:22 改 2016年01月21日 木 02:50 改 2016年01月24日 日 01:43 改 2016年02月14日 日 23:02 改 2016年04月03日 日 19:16 改 2016年04月17日 日 17:53 改 2016年05月03日 火 23:04 改 2016年05月03日 火 23:10 改 第三章 変革 2016年05月15日 日 22:23 改 2016年05月15日 日 22:25 改 2016年06月12日 日 11:43 改 2016年07月24日 日 01:54 2016年08月15日 月 23:41 2016年08月15日 月 23:44 2016年09月23日 金 21:21 改 2016年09月24日 土 00:18 改 2016年10月03日 月 22:12 改 第四章 そして 2016年10月09日 日 23:04 改 2016年10月26日 水 19:08 2016年11月09日 水 23:41 改 2016年11月24日 木 23:51 改 2016年12月17日 土 23:19 2016年12月25日 日 16:11 2017年03月15日 水 23:18 2017年05月22日 月 21:55 2017年06月20日 火 09:36 改 2017年07月04日 火 20:22 改 2017年08月08日 火 10:13 2018年02月14日 水 10:37. いいわね」 八幡「ああ」 雪菜「ちょっと自販機で飲み物買ってくるわ。 適当にごまかして去るとしよう 八幡「お前には関係ないだろ。

13

』は、ガガガ文庫より刊行されているライトノベル。 うん」 八幡 雪ノ下怖っ!それに比べて由比ヶ浜は優しくて綺麗だな. 何言ってるの?八幡、私達は八幡が2年生になってすぐ だよ?」 八幡「え?そんな覚えないですよ?」 めぐり「…. 」 八幡「あと5分だけ寝かせてくれ。

19

」ポロポロ あーし「え!?ちょ、ヒキオどーしたし!」オロオロ あーし「泣くほど不味かった?」ウルウル 八幡「いや、泣くほど上手いです」ポロポロ 昔のオカンの味を思い出し、 泣いてしまった…. ひさしぶりだな元気にしてたか?」 いろは「…お久しぶりです平塚先生」 静(…なんか少しとげがあるような気が?まあいいか) ・ ・ ・ ・ ・ 静「そういえばおまえら付き合っていたんだな。

20