ゴールデン カムイ 233。 ゴールデンカムイ233話ネタバレ考察感想あらすじ!埋蔵金の隠し場所を改めて把握した海賊

しかし月島を追ってきていた鯉登の説得が月島の心を溶かしました。

男の子が蹴っていた鞠が空洞に入ってしまうと、「ハイ、ジョージー」と言わんばかりの白石の顔が……。 「またフチに助けられた オレばっかり…」 インカラマッは何も言わず、谷垣の顔をじっと見つめていた。

その川が「徳富川、空知川、沙流川、知内川」。 232話の感想記事は上記リンクをクリックしてくださいね。 (最近頭巾ちゃんことヴァシリは影が薄いですが、ちゃんと一緒にいます。

その杉元を救うべく…アイヌの少女アシリパは、最後のエゾ狼レタラ、網走監獄の脱獄王白石と共に作戦を練るが! 白石が線路を伝っていくと噂の怪しい飴売りがいた。

7

鯉登はさらに、自分の写真を張り付けていたコラ写真を取り出し、チョキ、と何か細工する。

6

「金塊は絶対に見つけられないよ~~」 「!!」 飴売りの発言に驚くアシリパ。

その時を楽しみにしたい。 鶴見中尉の本当の目的、という話題から、この「指の骨」のエピソードが出てきた当たり、鶴見中尉の真意を探る上で、やはりこの亡くなった家族のことが大きく影響していそうですね。 刺青争奪戦。

16