アメリカン フットボール。 アメリカンフットボールのルール(試合の流れ)を解説

パッサーがエンドゾーンにいて、インテンショナル・グラウンディングの反則を犯す。 チャレンジは、得点やターンオーバーなど、試合を決定付ける重要な場面で行われることが多い。

19

パントされたボールにキッキング・チームが触れた場合は、ボールが止まった地点か、触れた地点を比較して自陣寄りの地点でレシービング・チームが攻撃権を獲得する。 カレッジフットボールでも、各チームは終盤に逆転を目指すための戦術を用意している。 ビジター側のキャプテンが、審判が持つの裏表を選択する。

18

トリックプレーの一つとして、フィールドゴールを蹴ると見せかけてランやパスプレーに転換する戦術もある( フェイク・フィールドゴール)。

(XS Games, LLC、2003年• 試合終了間際に十分な点差で勝ち越しているチームが2点を与えても、ゲームの状況に影響がないとき。 その後もウォルター・キャンプを中心に、ラグビーでの「」から「スクリメージ」への革命的な変更(1880年)、ボール所有権の明確化、「ダウン」制の導入(1882年)などのルールの改革が行われ、初期のアメリカンフットボールが形作られた。

13

(Simply Media、199x年• (2009年)• ランナーがボールを持って敵陣エンドゾーンに入る、または、敵陣エンドゾーン内で味方からのパスを捕球する。

攻撃側が連続してファーストダウンを獲得したとき(NCAAルールのみ)。 (1975年、東宝) - 主役である三代目若大将役は。 (Atari、1992年• この時系列で処理することで、個々の罰則で攻撃側がファーストダウンを獲得したか、ハーフディスタンスを適用すべきか判断する。

4

アメリカにおける最初のフットボールの大学対抗試合(インターカレッジ・フットボール)は、やはりアソシエーション型のゲームで、プリンストン大学とラトガーズ大学の間で、1869年にニュージャージー州ので行われた。 日本ではタイムアウトをコールしたあとにチャレンジを申請する。

一方、守備側もパントに備えた陣形を敷き、パントされたボールを捕球する パント・リターナーを後方に配置する。 そして1885年9月3日には最初のプロフェッショナル・フットボールゲームがプレーされた。

1