中華 鍋 手入れ。 鉄中華鍋のお手入れと再生方法|プロキッチンスタッフブログ

コゲを落とす スポンジでこすってコゲを優しく落としていきます。

15

空焼きが終わったら、油ならしも行ないましょう。 錆や焦げが粉になってますね。

16

しかし、汚れが付いてしまっても、手入れすれば、サビも焦げもきちんと落とすことができます。

10

また、中華鍋に油を塗って保管するため、吊るして収納すると油が垂れてきて、ガスレンジまわりが油でギトギトになりそうです。

16

殺意をもって望んでください。 そうしたら、強火にしてください。 ゴシゴシこするよりも、化学反応で落とす!これを頭に入れておいてください! 中華鍋の焦げ付きを防ぐには コゲを落とすことはできますが、 「そもそも中華鍋を焦がしたくない」ですよね。

5

油を回してなじませます。

14

中華鍋のサビの手入れ方法 錆にも2種類あります。

11

まずは使いながらお玉を育てて、状況を追記していきたいと思います。 手加減とかいりません、まじで本気で「磨く」というより「削る」気持ちでいってください。 鍋の中に水を入れたり、冷蔵庫に入れたりすると、急な温度変化で中華鍋が変形する可能性があります。

16

油を数滴垂らしたキッチンペーパーで、鍋全体に油を馴染ませるよう拭き、保管しましょう。 中華鍋を十分に冷ましたら、やわらかいスポンジに中性洗剤をつけ、優しく洗、水で流します。

17