通夜 コロナ。 【文例付き】コロナ渦中の葬儀の参列どうする?|参列の断り方【葬儀の口コミ】

少しでも「新型コロナウイルス」の感染を抑制できるよう、 予防および拡散防止対策を実施し、安心して「お葬式」を執り行っていただければ幸いです。 また、ご遺体が火葬場に搬送されるとき、同様に感染リスクを考慮して、同乗ができないと言われることもあります。 「定期的な会館の清掃に加え、ご葬儀の会式前には必ずドアノブなど手を触れる場所を消毒し、さらに葬儀が始まる前に『換気のために』とアナウンスし、窓や扉をすべて開けさせていただき、空気の入れ替えを徹底しています 」 (尾上さん)。

9

喪主・祭主の方へ• 葬式については、色々と考えました。 マスクを着用すると、口元を隠されて相手の表情が良く分からず、不安を与えてしまうからです。

8

なかなか答えを出せませんが、お義理だけなら無理しなくてもよいかと感じます。 コロナ禍によって、オンラインでの参列など新しい価値観が生まれている。 故人の好物 故人の好物を供物として送ることもできます。

3

中国・四国• 葬儀の費用はどれくらい掛けているのか コロナ禍での現状では、参列者数が減っている現状があり、従来より葬儀費用は下落をしていることは間違いありません。 最近では家族葬が主流となってきているため、もう少し簡略化した内容にしていただいても良いかと思います。

10

ご遺体をご自宅でご供養し火葬したのち、 自宅で葬儀する形の自由度の高いご供養方法です。

4)三密の防止 お葬式では密閉、密集、密接の状況になることがあります。 それに 葬儀クラスター(集団感染)が発生しないとも限りません。

11

逆にこのようなご時世で、このような最低限の対策を行っていない葬儀社は警戒した方がいいです。

密集して感染リスクの高い空間を作らないためにも、消毒検温の徹底や十分な換気、さらに参列者の導線やその距離感をきっちりとデザインすることが必要で、またそのコロナ対策の内容につ いてあらかじめ周知しておくと安心でしょう。