めぞん 一刻 響子。 音無響子

1980年から1987年まで小学館「ビッグコミックスピリッツ」で連載された名作「めぞん一刻」。 建物としては大変古く、床板がよく壊れが住み着いたりしていた。 「しいの実保育園」でを始め、その経験から保父(現在で言う)を目指すようになる。

なお『』のラムに似たスーパーの店員(話しかけると「だっちゃ」の口癖がときおり出る)が登場したり、特定の日時に一刻館に帰ると、アニメ版に登場しない二階堂と会話ができるなど細かい演出がある。 響子がお墓に到着してみると、ちょうど五代が惣一郎のお墓をお参りしていたのだ。 いくじなし。

8

それを見ていた響子は、店を手伝いたい、として店内に入った。

17

しばらくして、思いがけず同僚からされる(アニメ版では高校の先輩)。 裕作と、そのガールフレンドのこずえと響子の三角関係においてこずえから五代宛てにかかってくる電話をめぐって起こるトラブルを楽しむ悪癖を持つ住人らが取り継ぐなど、携帯電話・が広く普及した現在ではまず考えられないから生ずる数々のすれ違いと誤解、住人たちの干渉などは、物語のための大きな舞台装置となっている。

5

この作品のヒロインにして、物語の舞台である「一刻館」管理人の音無響子は、若き未亡人だ。 「惣一郎さん…あたしがこの人に会えたこと、喜んでくれるわね。 」 音無惣一郎の墓の前。

最初の一作のみが際立 っておりました。

6

美人でスタイルが良くて気だてが良いという、一般的なマドンナの存在としても十分納得な彼女ですが、世の男たちが感じる響子さんの魅力はそんなところではないようです。 響子が管理人として一刻館にやってきたのが、五代が生まれ、一の瀬花枝が11月3日生まれ(保証人:父 - 一の瀬政三・在住)。

強面の外見や言葉遣いに似合わず常識的かつ親身な人物で、物事の本質を突く洞察力もあり、五代をどぎまぎさせることが多い。 後に、響子の気持ちが五代にあると知ると、その後は温かく見守るようになった。