安否 確認 システム。 安否確認システム6選を比較【2021年最新版】

初期費用無料、月額6,800円から。

無料トライアルも利用できます。

18

よって、選定する安否確認システムは安否確認の回答にパスワードやログインIDなど手間がかかるようなシステムではなく、すぐに回答可能な 操作性が簡単なものを選択する必要があります。

1

20名までなら無料で使えるので、試しに使ってみるといいかもしれません。

14

別システムで話し合いの場は確保できているためシステムは最低限の集計が出来れば良い。 気象庁から配信される地震情報を受信することにより自動的に登録されている対象者に安否確認のメール送信指示が送られます。 集計表の見え方に差はあれど、基本的には管理者が個別に集計表を作成する手間はかかりません。

12

(NECネッツアイ) 地震以外にも対応 電話連絡 掲示板 あり 20. スマホアプリにも対応していて、プッシュ通知によって知らせてくれます。 高い回答率を実現する仕組み 大規模災害時には通信インフラのどこに被害がでるのか予測が難しいものです。

12

日ごろ使い慣れたLINEアプリからの連絡なので、スムーズに操作で着て回答率も早くなる点は、本システムの大きなメリットと言えるでしょう。 このサービスでは、安否確認システムで最も大切なこととして、 安否確認に対する従業員の回答率を高めるという点に焦点を当てています。 料金:月額15,000円(100名まで)、初期費用105,000円 安否LifeMail(株式会社コム・アンド・コム) 出所:安否LifeMail公式Webサイト 2000年の発売以降、新潟中越地震・東日本大震災・熊本地震・大阪府北部地震・北海道胆振東部地震などの地震でも安定した運用実績を持つ安否確認システム。

1

全社員が自らシステムに安否情報を登録することで、全員の安否確認完了までのスピードは劇的に向上します。

12