スマホベーシックプランl。 ワイモバイル、既存料金プラン「スマホベーシック」の2~3月分の基本料が無料になるキャンペーンを開始!5Gに対応し、Rは月20GBに改訂

iPhoneやAndroid端末が安く手に入る• 10分以内の通話無料オプションは月額770円かかる• 本記事では、ワイモバイルのスマホ向けプラン「スマホベーシックプランS」について徹底解説します! はこちらから 目次• 新料金プラン移行で1GB:770円/月• なおスーパーだれとでも定額を使う場合は上記の金額に1,100円プラスされます。

20

2年契約のない「スマホベーシックプラン」を値下げする形で対応するが、「L」プランについては「R」プランにリニューアルされるという。 中でもスマホベーシックプランSとシンプルSを比べた場合に新規割が適用される最大6ヶ月の間は基本使用料が同じとなる上、1回10分までの国内通話が無料が必要ならシンプルではオプションで追加料金(月額700円)がかかるため、そのままスマホベーシックプランSにしておく方が良いでしょう。 ワイモバイル「スマホベーシックプラン」まとめ ワイモバイルのスマホベーシックプランのポイントについて下記にまとめます。

オプション扱いとした分は月額料金が安くなっており、さらに家族割引の割引額が大幅アップしたため、スマホベーシックプランよりも大幅に安くなりました。 「シンプルプラン」の割引については以下のページをご参照くださいね。 2019年10月以降は「一律3,000円」なので、キャリア変更がお手軽にできるようになりました。

19

新規契約やMNPなどで新たにワイモバイルを使い始める場合は2年契約の仕組みを意識する必要はありませんが、すでにワイモバイルを利用している方がスマホベーシックプランSへ変更する場合は少し注意が必要です。 ベーシックプランSの場合… 基本料金:2,680円 新規割: -700円 家族割: -500円 月額: 1,480円 新規割も適用すると、半年間利用料金は1,480円!めちゃくちゃオトクです。 ワンキュッパ割 (適用解除) 現時点で適用されている割引があれば、移行後の月額料金がいくらになるのか確認しておきましょう。

サービス満足度1位!• 1-1. Rakuten Linkアプリで通話もし放題• ちなみにワイモバイルでは契約期間に縛りがないスマホのプランはスマホベーシックプランだけで、他のプランだと契約期間2年、解約金が10,450円かかります。 通信サービスの利用可能範囲もワイモバイルとソフトバンクは同水準であり、アフター面においてもワイモバイルとソフトバンクの2ブランドを併設したショップも増えつつあることから、「 通信料をお得にしたい」と考えるのであれば、もはやワイモバイルを選択しない理由が見当たりません。

4

。 一部の機種代金や安くなり、支払い方法に36回払いが追加• 2020年7月1日から適用になるUQモバイルの「スマホプラン(スマホプランR)」に対するワイモバイルの対抗処置はデータ通信周りでプランMの容量を10GBに上げ、速度制限時の通信速度をプランM・Rについては最大1Mbpsに増速し、UQモバイルのスマホプランの基準に合わせています。

19

速度低下後に「My Y! 通話プランは10分以内の通話がかけ放題• )にかかる通話(当社が認めるものに限ります。 1GB未満ならずっと0円• 1回あたり10分以内の国内通話は何度でも無料! ワイモバイルのスマホベーシックプランSは、1回あたり10分以内の国内通話が何度でも無料となります。

17

その割引額を、 月額500円から1080円に引き上げる。

6

シンプルLは、かけ放題を付けてもスマホベーシックプランRよりも月額料金は200円安くなっています。

4